もらって嬉しい!帯広でおすすめの人気お土産15選

0

北海道の東部に位置する帯広は、道東観光の玄関口。十勝平野の雄大な自然が魅力で、ばんえい十勝や幸福駅などの人気スポットが数多くあります。また、酪農が盛んな帯広・十勝エリアでは、新鮮な生乳から作られたチーズやヨーグルトなどの乳製品や、美味しいスイーツが食べられるグルメスポットが目白押し!ゆっくり観光を楽しんだ後は、お土産選びですね。帯広には、定番の帯広銘菓や人気スイーツから、帯広名物「豚丼」「とかちハヤシ」などのご当地グルメまで、バラエティ豊かなお土産が揃っています。今回は、帯広でおすすめの人気お土産を15個、ご紹介します。

お土産の定番!釧路で人気の和洋菓子

1. 六花亭 「マルセイバターサンド」

photo by rokkatei.co.jp

北海道のお土産でおなじみの「六花亭」は、帯広に本社をかまえています。代表銘菓「マルセイバターサンド」は、北海道生乳100%のバターを使用したバタークリームにレーズン、ホワイトチョコをビスケットでサンドしたもの。飽きのこない美味しさで、1977年の発売以来、愛され続けている北海道銘菓です。北海道出身の画家・坂本直行氏による草花の絵をモチーフにしたレトロな包装紙が印象的ですね。

取扱店 帯広本店、西三条店、エスタ帯広店、藤丸店、イオン帯広店、帯広空港店ほか
商品 マルセイバターサンド: (税込)500円(4個入)、(税込)650円(5個入)、(税込)1,300円(10個入)、(税込)2,080円(16個入)
HP 六花亭

 

2. 十勝トテッポ工房 「ナチュラルチーズケーキ 北海道フロマージュ」

photo by shop-toteppo.jp

「十勝トテッポ工房」は、帯広駅から徒歩10分ほどにある洋菓子店。「ナチュラルチーズケーキ 北海道フロマージュ」は、北海道産の3種のナチュラルチーズをブレンドして焼き上げた濃厚チーズケーキです。北海道産の良質な原料にこだわり抜き、チーズのコクと旨味が詰まった一品。お子様からご年配の方まで、世代を超えて喜ばれる人気商品です。

取扱店 (本店)北海道帯広市西6条南17丁目3-1、とかち帯広空港 ブルースカイ(JALUX)
電話 (本店)0155-21-0101
営業時間 (本店)10:00~18:00 不定休
商品 ナチュラルチーズケーキ 北海道フロマージュ: (税込)1,296円(8個入)
HP 十勝トテッポ工房

 

3. クランベリー 「スイートポテト」

photo by cranberry.jp

酪農・農業が盛んな十勝・帯広エリアは、地元の良質な原料を使用した美味しいスイーツの宝庫!帯広には、レベルの高いケーキ屋さんがたくさんあります。帯広スイーツの代表格として知られるのが、老舗洋菓子店「クランベリー」です。名物の「スイートポテト」は、さつまいもの皮を器に使ったジャンボサイズのスイートポテトで、皮の上に、特製クリームとポテトフィリングがギッシリ詰まっています。お芋の自然な美味しさを生かした濃厚スイートポテトで、地元で40年以上も愛され続けている絶品スイーツ。お芋の大きさにより、量り売りでの販売となっています。

取扱店 (本店)北海道帯広市西2条南6丁目、白樺通り店、エスタ帯広店、とかち帯広空港 藤丸 ほか
電話 (本店)0155-22-6656
営業時間 (本店)9:00~19:00
商品 スイートポテト: (税込)1,200円~(大きさにより異なる)
HP クランベリー 

 

4. 柳月 「三方六(さんぽうろく)」

20161116-886-21-obihiro-omiyagephoto by ryugetsu.co.jp

「柳月(りゅうげつ)」は、昭和22年に北海道・帯広で創業した老舗菓子店。柳月を代表する銘菓「三方六(さんぽうろく)」は、発売以来、愛され続けているロングセラー商品です。三方、六寸の白樺の薪をモチーフにしたバウムクーヘンで、ミルクチョコレートとホワイトチョコレートで薪の模様を表現しています。十勝・帯広のみならず、北海道の定番土産として、人気がある商品です。

取扱店 スイートピア・ガーデン店、大通本店、長崎屋帯広店、イオン帯広店、ぴあざフクハラ西帯広店・西18条店、とかち帯広空港 柳月売店ほか
商品 三方六(さんぽうろく) プレーン: (税込)680円(1本)、(税込)1,485円(2本入)
HP 柳月
1 2 3 4
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る