大分の旨い名物が食べたい!大分県の名物ご当地グルメ15選

0

5. 津久見ひゅうが丼

photo by ツーリズムおおいた

豊後水道に浮かぶ小さな島「津久見市・保戸島(ほとじま)」。「津久見ひゅうが丼」は、切り身にしたマグロの赤身に、ゴマ・しょう油・砂糖などで作った特製のゴマダレを和え、ご飯の上にのせた保戸島(ほとじま)の郷土料理。明治期に、マグロ漁業の基地として栄えた保戸島(ほとじま)の漁師が、船の上で火を使わなくても食べられるものを、と考案されたもの。「おおいたグルメグランプリ」において、2年連続、金賞を受賞した人気の大分グルメです。

photo by ツーリズムおおいた

取扱店 浜茶屋(津久見市)、汐の音(津久見市)、四季彩 源兵衛 (津久見市)ほか
HP 浜茶屋汐の音四季彩 源兵衛
備考 津久見まぐろ研究会

 

6. 黄飯・かやく

photo by ツーリズムおおいた

「黄飯(きめし・おうはん)」は、クチナシの実で黄色に色づけしたご飯。「当時、財政難だった臼杵藩の殿様が赤飯の代わりに作らせた」という説や「臼杵市を訪れた宣教師が、パエリアをベースにしたものを信者に振舞った」という説など、諸説伝えられています。焼いてほぐしたエソの身に、根菜や豆腐などを加えて煮込んだ「かやく」を黄飯にかけて食べるのが一般的。大晦日にたくさん作り、お正月に煮なおして食べる、臼杵市に伝わる伝統の家庭料理です。

取扱店 小手川商店(臼杵市)、もんく(臼杵市)ほか

 

大分のソウルフード!大分名物のご当地グルメ

7. とり天

photo by ツーリズムおおいた

鶏肉の消費量全国一の大分県。数ある鶏料理の中でも、大分県民のソウルフードと言えるのが、「とり天」です。「とり天」は、鶏肉(むね肉)に醤油や生姜などで下味をつけ、衣をまぶして揚げた鶏肉の天ぷらのこと。お好みで、酢醤油やポン酢などにつけていただくのが大分流です。大分特産のかぼすが添えられることも。とり天ひとつとっても、鶏肉の部位や下味のつけ方、揚げ方、つけダレなどは、お店によってさまざま。本場、大分のとり天を食べ比べするのも楽しいものですね!

photo by ツーリズムおおいた

取扱店 レストラン東洋軒(別府市)、キッチン丸山(大分市)、美味なかよし(大分市)ほか
HP レストラン東洋軒

 

8. 別府冷麺

photo by ツーリズムおおいた

「別府冷麺」は、よく冷えた和風ダシのスープに、弾力のあるのど越しの良い麺が特徴の別府名物です。戦後、旧満州から引き揚げてきた料理人が、朝鮮冷麺を和風にアレンジして作ったのが始まりとされています。あっさりといただけることから、温泉の後の食事やお酒の締めの一杯まで、別府では1年を通じて食べられる人気のご当地グルメ。別府市内には、冷麺専門店をはじめ、焼肉店やラーメン店、居酒屋など、多数の飲食店で提供されています。

photo by ツーリズムおおいた

取扱店 六盛(ろくせい)(別府市)、胡月(別府市)、元祖アリラン(別府市)ほか
HP 元祖アリラン
備考 別府冷麺公式ホームページ

 

9. 中津からあげ

photo by ツーリズムおおいた

大分県の西北端に位置する中津市。唐揚げ専門店が数多く点在し、「唐揚げの聖地」とも呼ばれています。中津に唐揚げ文化が根付いたのには、「かつて多くの養鶏場があり、鶏肉が手に入りやすかったため」という説や、「旧満州からの引揚者が中国での食べ方をした」など、諸説あるそう。「中津からあげ」は、ニンニクや生姜などの調味料に漬け込んだ醤油や塩ベースの唐揚げが主流で、冷めても美味しく食べれるように、中はジューシー、外はサックリと揚げるのが特徴。県内外から、中津からあげを求めて、多くの人が訪れる大分を代表する名物です。

photo by ツーリズムおおいた

取扱店 もり山(中津市)、チキンハウス(中津市)、げんきや(中津市)ほか
HP もり山チキンハウスげんきや
備考 中津市からあげマップ聖地中津からあげの会
1 2 3 4
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る