日本の世界遺産ランキングTOP10!実際に行って良かった第1位は?

0

5位:白川郷・五箇山の合掌造り集落/岐阜県・富山県

20160311-666-11photo by flickr/tsuda

20160311-666-12photo by flickr/かがみ~

岐阜県の白川郷と富山県の五箇山にある合掌造り家屋の集落群。合掌造り家屋が険しい豪雪に耐え養蚕するために工夫された独特な特徴を持ち、集落の見事な自然景観が評価され、世界文化遺産に登録されました。茅葺き屋根の家屋が点在する景色は、日本人が「ふるさと」に対して抱くイメージ通りの風景が広がっています。

4位:知床/北海道

20160311-666-13photo by 知床斜里町観光協会

20160311-666-14photo by 知床斜里町観光協会

北海道東部、オホーツク海に長く突き出た半島で、独特な生態系を確立し、奇跡的な大自然が残されている日本最後の秘境ともいわれる地「知床」。知床半島とその沿岸海域が世界自然遺産に登録されています。

3位:姫路城/兵庫県

20160311-666-16photo by 兵庫県姫路市

20160311-666-15photo by 兵庫県姫路市

築城から400年以上の歴史を誇る日本を代表する名城「姫路城」。羽柴秀吉が中国征伐の拠点として築いた3層の城を、関が原の戦の後、姫路城主となった池田輝政が慶長6年(1601)から8年の歳月を費やし、現在の5層7階の天守を持つ城へと大改築を行いました。白壁の天守群が空に向かって立ち並び、それが、シラサギが羽を広げたような優美な姿から「白鷺城」の愛称でも親しまれています。

2位:嚴島神社/広島県

20160311-666-17photo by flickr/theCarol

20160311-666-18photo by flickr/scarletgreen

瀬戸内海に浮かぶ宮島は古来から信仰の対象とされてきました。その島の入り江に建てられた「嚴島神社」は、鮮やかな朱塗りの神殿が海にせり出し、海上神殿になっている世界でも珍しい神社です。現在の優美な社殿は、平安時代末期に平清盛が建てたもの。本社拝殿から約200m沖に立つ朱丹の大鳥居は、潮の干満や時間帯でその表情を変える厳島のシンボルです。

1位:古都京都の文化財/京都府

20160311-666-19photo by 京都フリー写真素材

20160311-666-20photo by flickr/yasa_

今や世界で最も人気の高い観光都市である「京都」。年間5500万人を超える観光者が国内外から訪れています。清水寺や二条城、平等院、延暦寺など京都府京都市・宇治市、滋賀県大津市に点在する16社寺と1城が世界文化遺産に登録されています。

京都が貫録の第1位でしたが、どの世界遺産も納得のランクインですね。今度の旅行プランの参考にしてみてください。

出典:日本人なら行っておきたい!本当に行ってよかった日本の世界遺産ランキング(楽天トラベル)

1 2

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る