東京の桜を楽しもう!東京のお花見スポット25選【第2弾】

0

18. 播磨坂/文京区

20150220-289-35

かつて松平播磨守の屋敷があったことにちなんで名付けられたとされる播磨坂。桜の季節には約400mにおよぶ桜並木が続き、ソメイヨシノやヤエザクラなど約120本の桜が沿道を埋め尽くし、桜のトンネルを作り上げます。開花に合わせて桜祭りが開催され、多くの花見客で賑わいます。

名称 播磨坂(はりまざか)
見頃 例年3月下旬~4月上旬
住所 東京都文京区小石川4丁目と5丁目の境

 

19. 水元公園/葛飾区

20150220-289-37©sozai-free.com

都内唯一の水郷公園で、1年を通じて四季折々の草花が咲き誇る自然豊かな公園です。桜の季節にはソメイヨシノやサトザクラ、ヤマザクラなど約540本が園内の至る所で咲き乱れ、花見客で賑わいます。特に、公園沿いの土手(さくら堤)には約4kmにわたってソメイヨシノの桜並木が続き、桜の名所となっています。

名称 水元公園(みずもとこうえん)
見頃 例年3月下旬~4月上旬
住所 東京都葛飾区水元公園・東金町5・8丁目・埼玉県三郷市

 

20. 国営昭和記念公園/立川市

20150220-289-39©photolibrary.jp

国営昭和記念公園は昭和天皇在位50年記念事業の一環として誕生した国立公園で、総面積は180万平方メートルと、東京ドームの約39倍の大きさを誇ります。園内は森のゾーン、広場ゾーン、水のゾーンなど5つのゾーンがあり、年間を通じて多くの家族連れで賑わいます。桜の季節には総数1500本もの桜が園内の至る所で咲き乱れ、公園全体が桜色に包まれます。

名称 国営昭和記念公園(こくえいしょうわきねんこうえん)
見頃 例年3月下旬~4月上旬
住所 東京都立川市緑町3173
時間 9時30分~17時(11月~2月は16時30分まで)
料金 大人:400円、小・中学生:80円

 

21. 小金井公園/小金井市

20150220-289-41

敷地面積79万平方メートルと都内最大規模を誇る都立公園で、花見シーズンにはソメイヨシノ、ヤマザクラ、サトザクラなど約50種・1800本にも及ぶ桜が楽しめます。特に、園内にある「桜の園」には約440本の桜が植えられており、3月中旬のカンヒザクラから5月上旬に咲くミヤマザクラまで、約1ヶ月半にわたって様々な桜を見ることが出来ます。

名称 小金井公園(こがねいこうえん)
見頃 例年3月下旬~4月上旬
住所 東京都小金井市関野町1-31-1

 

22. よみうりランド/稲城市

20150220-289-43

春にはソメイヨシノやヤマザクラなど約10種類約1000本の桜が咲き誇る花見スポットです。ゴンドラや絶叫マシンに乗って、高所から桜を眺めるのは遊園地ならではの楽しみ方です。特に大観覧車からは富士山や新宿の高層ビル群が見渡せ、美しい桜との眺望は格別です。見どころである約270m続く桜並木は夜にライトアップが行われ、幻想的な夜桜を演出します。

名称 よみうりランド(よみうりらんど)
見頃 例年3月下旬~4月上旬
住所 東京都稲城市矢野口4015-1
時間 9時~20時(桜開花時期)
料金 (入園料)大人:1200円、子供(3歳~高校生)・シルバー:600円

 

23. 国立市大学通り・桜通り/国立市

20150220-289-45©photolibrary.jp

国立駅南口から一橋大学に向かってまっすぐ延びる「大学通り」と大学通りと交差する「さくら通り」は都内有数の桜の名所で、沿道両側には大ぶりの桜が立ち並び、ソメイヨシノが美しい桜のアーチを描きます。毎年、開花に合わせてさくらフェスティバルが開催され、多くの人で賑わいます。

名称 国立市大学通り・桜通り(くにたちしだいがくどおり・さくらどおり)
見頃 例年3月下旬~4月上旬
住所 東京都国立市東1・富士見台1丁目~4丁目
1 2 3 4 5
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る