オーストラリアの観光局が贈る「心温まるショートムービー」が話題に!

0

オーストラリアのゴールドコースト観光局とクイーンズランド州政府観光局が海外挙式を予定する日本人カップルに向けて「ゴールドコーストウェディング」をアピールする共同プロモーション「家族の絆はゴールド」を実施。今回は、その一環で公開された心温まるショートムービー「7,000km離れた父の想い -ゴールドコーストウェディング」をご紹介します。

ショートムービー「7,000km離れた父の想い -ゴールドコーストウェディング」

20151217-588-13

「7,000km離れた父の想い -ゴールドコーストウェディング」は、ゴールドコーストの美しい景色と、海外ウエディングの特別な時間に彩られながら、家族の絆について考えさせられるハートフルストーリー。

20151217-588-4

物語のスタートは、ゴールドコーストの海岸にいる二人。笑顔の花嫁姿の娘と、どこか少し寂しそうに丘の上で一人座っている父親、そんな対照的な親子の姿から、話は始まります。

20151217-588-11 20151217-588-10

涙の花嫁のシーンへ。披露宴会場では、新婦が何かを見て号泣しています。なぜでしょうか?

20151217-588-1

そして場面は一転し、回想シーンに。結婚の挨拶に来た新郎に対して、結婚を反対する父親が激怒。娘が泣いている姿が映し出されます。

20151217-588-3

ここから時が遡る「リバースムービー」に。時系列は、結婚パーティーの最中へ。仲良くケーキカットする新郎新婦と、同時刻にさびれた喫茶店で小さなショートケーキを食べている父親の姿が。

20151217-588-8 20151217-588-12

そして一人でバージンロードを歩く娘と、同時刻に一人家の廊下を歩く父親。そんな親子の姿が、時を遡りながら対照的に切り取られていきます。

20151217-588-7 20151217-588-6

シーンはゴールドコースト出発前夜。父親は、新郎の住むアパートを尋ね、娘に思いを伝えるメッセージビデオを手渡します。父親が娘に送った感動的メッセージとは?

20151217-588-2

感動の続きは、以下のショートムービーをご覧ください。

いかがですか?心温まるステキなショートムービーですよね。

オーストラリアのゴールドコーストは「太陽に愛される楽園」と称されるほど晴天の日が多く、約70キロにも及ぶ黄金色に輝く海岸線、コアラやカンガルーなどの野生動物、世界遺産のレインフォレストをはじめとする雄大な自然、そして、カジノやテーマパークなどのエンターテインメントと、魅力満載のエリア。海外ウエディングをお考えの方はもちろん、そうでない方もおススメのスポットです。

【関連サイト】
家族の絆はゴールド
ゴールドコースト観光局
クイーンズランド州政府観光局

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る