新潟名物を厳選!新潟県の名物ご当地グルメ16選

0

新潟の名物といえば、何を思い浮かべるでしょうか?新潟には、日本海の海の幸を生かした郷土料理や、地元の素材を使ったご当地B級グルメ、新潟県民にお馴染みのお菓子など、新潟自慢の美味しい名物が盛りだくさん!今回は、新潟県の名物ご当地グルメを16個、ご紹介します。

新潟名物を食べる!伝統の郷土料理

1. へぎそば

photo by 新潟県観光協会

「へぎそば」とは、布海苔(ふのり)という海藻をつなぎに用いた新潟名物のそばで、「へぎ」と呼ばれる器に盛りつけて提供されます。新潟県の魚沼地方が発祥とされており、織物の一大産地であった十日町・小千谷地域では、「布海苔(ふのり)」は、着物作りに欠かせない素材でした。へぎに、1口大に束ねて並べられる、独特な盛りつけ方法から、「手振りそば」とも呼ばれています。海藻をつなぎに使うことによって、ツルツルとした食感とのど越しの良さが特徴です。

取扱店 小嶋屋総本店、小千谷そば角屋ほか
HP 小嶋屋総本店小千谷そば角屋

 

2. わっぱ飯

photo by 新潟観光コンベンション協会

「わっぱ飯」とは、わっぱと呼ばれる薄板の丸容器に、ご飯を盛り、魚介類などをのせて蒸した新潟の郷土料理。新潟市・古町にある「田舎家」が考案したメニューで、美食家で知られる北大路魯山人監修のもと、現在の形になったのだとか。米どころ・新潟のコシヒカリ米と新潟名物の南蛮エビや鮭、のどぐろなどの美味しい海の幸が楽しめる人気の新潟グルメです。

取扱店 わっぱ飯 田舎家 新潟古町本店
HP わっぱ飯 田舎家 新潟古町本店

 

3. 栃尾の油揚げ

photo by 新潟県観光協会

「栃尾の油揚げ」とは、外側はサックリ、内側は柔らかジューシーな長岡市・栃尾の名物ジャンボ油揚げのこと。もともと、栃尾にある秋葉神社の参詣土産として、江戸中期ごろに考案されたもの。当時から、栃尾で行われていた馬市(馬の売買)で、仲介人たちに酒の肴として大変好まれていました。通常の3倍もの大きさの油揚げで、食べごたえたっぷり。栃尾周辺には、15店舗ほどの専門店があり、食べ歩きやお土産に人気です。

取扱店 豆撰、毘沙門堂本舗、栃尾豆庵 ほか
HP 豆撰毘沙門堂本舗栃尾豆庵
備考 栃尾あぶらげマップ

 

4. 村上の鮭料理

photo by sake3.com

新潟県北部に位置する村上市は、江戸時代に村上藩の城下町として栄え、現在も武家屋敷や町屋造りの風情ある街並みを残す人気の観光地。「イヨボヤ(鮭)の町」と称される村上には、独自の鮭文化が根付いており、塩引き鮭を含めて、100種類以上の鮭料理が伝わっています。市内の割烹料理屋や鮭専門店では、村上伝統の調理法を用いた様々な鮭料理が味わえます。

取扱店 割烹 新多久、料亭 能登新、千年鮭 井筒屋ほか
HP 割烹 新多久料亭 能登新千年鮭 井筒屋
1 2 3 4
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る