【京都】緑に包まれた神秘的な京都のコケ庭10選!

0

梅雨の時期に青々と輝きを増す苔。しっとりと濡れた苔が木漏れ日に照らされて色合いを深める苔庭。今回はそんな苔に注目して、静かに苔庭を楽しめる京都のお寺、10選をご紹介します。

1. 西芳寺(苔寺)

20160410-679-57photo by flickr/cdotwright

20160410-679-58photo by flickr/Christian Kaden

20160410-679-59photo by flickr/Tetsuji Sakakibara

西芳寺は別名「苔寺」として知られる臨済宗の寺院で、世界遺産にも登録されています。庭園は二段構成となっており、上段は枯山水、下段は黄金池を中心とした池泉回遊式庭園となっています。境内は約120種類の苔に覆われ、まさに緑のじゅうたんを敷き詰めたかのような神秘的な世界が広がっています。拝観には事前申し込みが必要となっています。

名称 西芳寺(さいほうじ)(苔寺)
住所 京都府京都市西京区松尾神ケ谷町56
電話 075-391-3631
時間 事前に往復ハガキに希望日、人員、代表者名住所を明記の上、拝観申込みが必要です。
料金 (参拝冥加料)3000円~
HP 京都観光Navi
地図 Googleマップ

 

2. 三千院

20140612-19-7photo by flickr/Chi King

20140612-19-6photo by flickr/Bong Grit

20140612-19-9photo by flickr/whity

境内には「有清園」と呼ばれる池泉回遊式庭園があり、スギ、ヒノキなどの立木が並ぶ中、青苔が絨毯のように広がっています。緑色に輝く苔庭から見る往生極楽院は実に見事で、風情ある情景が楽しめます。苔の間から顔を出すわらべ地蔵がカワイイ、ずっと見つめていたくなる苔庭スポットです。

名称 三千院(さんぜんいん)
住所 京都市左京区大原来迎院町540
TEL 075-744-2531
時間 9時~17時30分(17時受付終了)
料金 一般700円、中学生400円、小学生150円
HP 三千院
地図 Googleマップ

 

3. 大徳寺高桐院

20160410-679-7photo by flickr/tndhk

20160410-679-8photo by flickr/jin_jing

高桐院は京都五山の1つである大徳寺の塔頭の1つで、1601年(慶長6年)に利休七哲の1人として知られる細川忠興lによって創建されました。竹林と青もみじに囲まれた参道は、地面を美しい苔が覆い、緑一色の神秘的な雰囲気が漂います。客殿前には「楓の庭」と呼ばれる庭園があり、数株の楓の木が植えられています。緑鮮やかな苔が一面を覆った庭園には中央に石灯篭が1基配置され、簡素ながらも絵になる美しい光景が楽しめます。また、鳳来(茶室)の前庭に置かれた「降りつくばい」は加藤清正が朝鮮出兵の際に持ち帰ったものです。美しい緑色の苔に覆われたつくばいは、とても風情がありますね。

名称 大徳寺高桐院(だいとくじこうとういん)
住所 京都府京都市北区紫野大徳寺73-1
電話 075-492-0068
時間  9:00~16:30
料金 大人400円、中学生300円、小人200円
地図 Googleマップ

 

4. 東福寺

20160410-679-60photo by flickr/Christian Kaden

20140612-19-15photo by flickr/np&djjewell

境内にある「本坊庭園」は釈迦成道を表現しており、方丈を囲んで東西南北に4つの庭が配されています。特に北庭は白石と苔が市松模様に配されている美しい庭となっています。また、東庭は7つの柱石で北斗七星を表現し、白砂が雲文様を描いています。4つの庭園はそれぞれ、趣が異なり、見る者に心の安らぎを与えてくれる庭園です。

名称 東福寺(とうふくじ)
住所 京都府京都市東山区本町15丁目778
TEL 075-561-0087
時間 【4月~10月末】9:00~16:30(受付終了:16:00)
料金 (方丈八相庭園、通天橋・開山堂)大人400円(小中学生 300円)
HP 東福寺
地図 Googleマップ
1 2 3
次へ →

Comments are closed.



あわせて読みたい!