宙に浮かぶ船で有名な『ランペドゥーザ島』が美しい。

0

ランぺドゥーザ島(Lampedusa)

イタリア領最南端、地中海に浮かぶ東西9km、南北1.5kmの小さな島。人口は約5500人、地理的にはアフリカのチュニジアに近い場所に位置し、「宙に浮かぶ船」で有名な島です。

20141006-151-2©flickr/lucasiragusa

20141006-151-3©flickr/passer8

透明度の高い海。そして浮かぶ船

この島の特徴は何と言っても海の美しさ。透き通るような透明度の高い海で、まるで船が宙に浮かんでいるように見えます。

20141006-151-7©flickr/marquiroga

20141006-151-5©flickr/marcomolinari.it

20141006-151-6©flickr/lucasiragusa

石灰岩を含んだ真っ白な砂のおかげで、このように澄み渡った海の青さになるそうです。

20141006-151-16©flickr/_topo_

島で一番キレイなビーチ「ラビットビーチ」

この島で一番キレイなビーチ「ラビットビーチ(spiaggia dei conigli)」。白い砂浜に遠浅の海、抜群の美しさです。

20141006-151-12©flickr/στρατός (formerly known as Michelangelo_MI)

20141006-151-20©flickr/passer8

ウミガメの産卵地「コニッリ島」

ラビットビーチから続く、コニッリ島の周りの海は一番の美しさと言われています。

20141006-151-4©flickr/lucasiragusa

20141006-151-15©flickr/Nicola Licata

この島は、ウミガメの貴重な産卵地になっていて、卵を産んだ場所を保護するための仕切りが作られています。

20141006-151-18©flickr/Corrado Matteoni

20141006-151-21©flickr/Cacioetta!

20141006-151-1©flickr/Luca Moglia

本当に美しいですね。宙に浮いた船に寝そべって、のんびりと美しい海を眺める。一度は訪れてみたいスポットです。

Comments are closed.



あわせて読みたい!