いつまでも眺めていたい一幅の絵のような絶景。アメリカの『パルース丘陵』

0

パルース丘陵(Palouse)

アメリカ北西部、ワシントン州、アイダホ州、オレゴン州にまたがり広がる丘陵地帯「パルース丘陵」。主に小麦や豆類の生産地となっている大地で、ここには、いつまでも眺めていたくなる一幅の絵のような景観が広がっています。

20141208-215-9©flickr/Malcolm Carlaw

20141208-215-11©flickr/garshna

20141208-215-10©flickr/Michael Bolognesi

20141208-215-13©flickr/thecosmicweb

氷河で形づくられた独特の地形

以前、この一帯は氷河で覆われており、氷河の底の川の流れやその後の長年の風雨の浸食により、なだらかな起伏のある地形が作られたそうです。

20141208-215-17©flickr/darekfarmer

 なだらかな起伏のある丘を色鮮やかな穀物が覆い、季節ごとに美しい風景を作り出しています。

20141208-215-2©flickr/Michael Bolognesi

20141208-215-16©flickr/d_silva1

朝陽、夕陽など日の当たり具合で表情を変えます。

20141208-215-14©flickr/thecosmicweb

20141208-215-3©flickr/David Kingham

20141208-215-7©flickr/satosphere

何時間でも眺めていたくなる美しい景観ですよね。一度は訪れてみたいスポットです。

 

Comments are closed.



あわせて読みたい!