春夏秋冬訪れたい日本の名所!日本の原風景を今に伝える『白川郷』

0

日本は美しい四季に恵まれ、四季折々に違った姿を見せる観光名所がたくさんあります。今回は「春夏秋冬訪れたい日本の名所」のシリーズ第25弾として、四季を通じて美しい表情を見せる世界遺産「白川郷」をご紹介します。

白川郷(しらかわごう)

20160115-617-21photo by wiki

岐阜県北部、山深き奥飛騨にある合掌造りの郷「白川郷」。1995年、独特の景観をなす集落が評価され、富山県五箇山と共に世界文化遺産に登録。日本の原風景に出会える貴重な場所として、国内外から年間150万人が訪れています。

20160115-617-12photo by flickr/Toshihiro Gamo

集落の全域が重要伝統的建造物群保存地区であり、合掌造り家屋59棟のほか、寺院本堂や神社の鳥居、ハサ小屋、板倉、水路などが保存すべきものとして特定され、歴史的景観が維持されています。

20160115-617-13photo by flickr/Toshihiro Gamo

20160115-617-14photo by flickr/Alexis

20160115-617-25photo by flickr/yankeasylife

20160115-617-17photo by flickr/Toshihiro Gamo

いくつかの合掌造り家屋では、内部を見学することもできます。白川郷を代表する最大で最古の合掌造り民家である「和田家」では、囲炉裏の間や仏間などが公開され、昔の生活用具や農具などが展示されています。

20160115-617-22photo by flickr/Tamago Moffle

20160115-617-23photo by flickr/Tamago Moffle

20160115-617-24photo by flickr/Tamago Moffle

城山展望台から集落を見下ろすと、茅葺き屋根の家屋が点在、そこには日本人が「ふるさと」に対して抱くイメージ通りの風景が広がっています。写真やポスターでおなじみの風景ですね。

20160115-617-9photo by flickr/David Kosmos Smith

白川郷の春夏秋冬の風景

【春】4月中頃から桜が開花し、里は華やかな春色に染まります。そして5月中頃、田植え前の水田には合掌家屋が映しだされます。

20160115-617-3photo by flickr/yankeasylife

20160115-617-2photo by flickr/tsuda

【夏】青々と成長した稲が合掌家屋を囲み、夏の花が鮮やかな彩りを添えます。

20160115-617-6photo by flickr/Jacy Ippolito

20160115-617-5photo by flickr/Horng Yih Wong

【秋】色付いた稲穂が秋の訪れを知らせ、10月下旬から周囲の山々が秋色に染まります。

20160115-617-7photo by flickr/Go Uryu

20160115-617-8photo by flickr/Jiashiang

【冬】合掌集落が雪化粧される最も白川郷らしい冬の季節。1月、2月の特定日には合掌家屋のライトアップが行われ、幻想的な光景を見ることができます。

20160115-617-16photo by flickr/かがみ~

20160115-617-15photo by flickr/かがみ~

名称 世界遺産 白川郷(しらかわごう)
住所 岐阜県大野郡白川村荻町
HP 白川村役場

 

岐阜県へ行くプランを探してみる
20160115-617-2 白川郷(岐阜県)周辺の宿を探す(じゃらん) 『白川郷 周辺の宿』プラン比較
20160115-617-16  岐阜県へのツアーを探す(じゃらん) 『岐阜県へのツアー』プラン比較

Comments are closed.



あわせて読みたい!