天空の城。スリランカの世界遺産「古代都市 シギリヤ」

0

古代都市シギリヤ

スリランカ中央部の密林の中にある高さ約190mのシギリヤ・ロック。ここには、5世紀にカッサパ王(在位477~495年)によって建造された、要塞化した岩上の王宮跡があります。

20140829-111-1©flickr/lakpuratravels

カッサパ王は、弟を即位させようとした父を殺害し王位を奪いました。弟の復讐を恐れて密林の中の岩山の頂上に王宮を移したと伝えられています。

20140829-111-2©flickr/Santhosh Janardhanan

宮殿への門「ライオンの入口」

ここが宮殿への入り口です。ライオンの足の間を登って宮殿に入るようになっていますが、当時はライオンの顔もあったそうです。

20140829-111-17©flickr/Sudharsan.Narayanan

20140829-111-19©flickr/Dhammika Heenpella

20140829-111-10©flickr/Luca

ライオンの足の間をくぐって、階段を上がった先が頂上です。

天空の城「シギリヤの宮殿跡」

頂上は宮殿跡のみが残されています。こんなところに宮殿があったとは凄いです。

20140829-111-18©flickr/arwcheek

20140829-111-20©flickr/arwcheek

スリランカの原生林が見渡せる絶景のビューポイントですね。

20140829-111-7©flickr/rahuldlucca

美女の壁画「シギリア・レディ」

ライオンの入口までの岩山の中腹には、「シギリア・レディ」と呼ばれる壁画が描かれています。風化により現在は18体となっていますが、当初は500体ほど描かれていたようです。

20140829-111-3©flickr/rahuldlucca

20140829-111-5©flickr/contibull

20140829-111-8©flickr/ciamabue

1500年の時が経ったとは思えないくらい、鮮やかで美しい色です。カッサパ王が父を弔うために描かせたといわれている、歴史的に大変貴重なものです。

Comments are closed.



あわせて読みたい!


ページの上へ戻る