春夏秋冬訪れたい日本の名所!関東屈指の景勝地『長瀞』

0

日本は美しい四季に恵まれ、四季折々に違った姿を見せる名所がたくさんあります。今回は、「春夏秋冬訪れたい日本の名所シリーズ」第4弾として、四季を通じて美しい表情を見せる関東屈指の景勝地「長瀞」をご紹介します。

長瀞(ながとろ)

20150128-266-5©flickr/ikepanda

荒川の清流がつくりだした埼玉県北西部、秩父地方にある渓谷「長瀞」。国の名勝・天然記念物に指定されている関東屈指の景勝地です。

20150128-266-4©flickr/ikepanda

20150128-266-3©flickr/hiyang.on.flickr

奇岩・怪石を縫うようにして荒川が流れ、隆起した岩石が約500メートルに渡って畳を一面に敷きつめたように露出する「岩畳」や高さ数十メートルの絶壁「秩父赤壁」など、素晴らしい景観を望むことができます。

20150128-266-6©flickr/hiyang.on.flickr

20150128-266-7©flickr/hiyang.on.flickr

長瀞の名物と言えば「長瀞ライン下り」。船頭さんの話に耳を傾けながら、美しい渓谷美を楽しむことができます。

20150128-266-13©flickr/Guilhem Vellut

20150128-266-15©wiki/Ocdp

長瀞の春夏秋冬の風景

【春】「日本さくら名所百選」にも選ばれている長瀞の桜。長瀞周辺にはソメイヨシノを中心に約3000本の桜が植栽されています。特に、長瀞駅から野上駅にかけて約4km続く桜のトンネルは見事です。

20150128-266-16©flickr/tedd okano

20150128-266-17©flickr/tedd okano

【夏】毎年、8月に開催される「長瀞船玉まつり」。約1000基の灯篭流しや万灯船の幻想的な灯りが川面に映り、夜には盛大な花火が打ちあがります。

20150128-266-2©長瀞町観光協会

20150128-266-1©長瀞町観光協会

【秋】岩畳対岸の紅葉は美しく、長瀞ライン下りからゆったりと眺めるのもおススメです。

20150128-266-9©flickr/Guilhem Vellut

20150128-266-8©flickr/Guilhem Vellut

【冬】冬の長瀞を彩る「ロウバイ」。標高497メートルの宝登山の山頂一帯に約3000本の黄色いロウバイが咲き乱れます。

20150128-266-10©flickr/ajari

20150128-266-12©flickr/ajari

 

長瀞周辺の宿を探してみる

20150128-266-5 長瀞(埼玉県)の宿を探す(じゃらん) 『長瀞(埼玉県)の宿』プラン比較

 

MEMO

名称 長瀞(ながとろ)
住所 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞
電話 0494-66-0307(長瀞町観光案内所)
HP1 長瀞町観光協会
HP2 長瀞ライン下り(秩父鉄道)

Comments are closed.



あわせて読みたい!


ページの上へ戻る