全長28m!寝そべった巨大な仏様。タイの仏教寺院『ワット・ローカヤ・スター』

0

ワット・ローカヤ・スター(Wat Lokayasutha)

タイのアユタヤ県にある仏教寺院跡「ワット・ローカヤ・スター」。アユタヤ王朝中期に建立された寺院で18世紀後半、ビルマ軍によりほとんどが破壊されてしまいました。荒れた遺跡には大きな仏塔がひとつ残る青空寺院です。

20150303-298-5©flickr/Antoine 49

20150303-298-4©flickr/nekotank

全長28mの巨大な涅槃仏

仏教寺院の廃墟に多くの人が訪れる理由は、寺院の入り口にある全長約28メートル、高さ約5メートルもある巨大な涅槃仏。

20150303-298-1©wiki/Yosemite

20150303-298-9©flickr/nekotank

ビルマ軍の猛攻に遭い寺院のほとんどは破壊され、涅槃仏も大きな損害を受けましたが、1956年に復元されました。

20150303-298-8©flickr/Traveling Diva

20150303-298-2©flickr/Traveling Diva

仏陀が入滅するときの姿を描いたもので、北枕で横たわっています。穏やかな表情は訪れる者を包みこむようですね。

20150303-298-6©flickr/kimtetsu

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る