これぞ大自然の神秘と奇跡!冬の蔵王に現れる『樹氷』が凄い!

0

大自然の神秘と奇跡「蔵王の樹氷」

蔵王の大自然が織りなす雪と氷の造形「樹氷」。樹氷とは、木の枝や葉に水滴と雪がくっつきそのまま凍結する現象のことで、東北地方の奥羽山脈の一部でしか見ることができない大変珍しいもの。山形県の蔵王は、世界でも貴重な樹氷を見ることができる凄い場所なんです。

20151121-563-1©山形県

20151121-563-5©Zao Ropewayedical

蔵王の樹氷は、例年12月頃から成長し始め、2月に成長のピークを迎えます。大きく成長した樹氷の姿は、まさにモンスターのように見えることから「アイスモンスター(氷の怪物)」とも呼ばれています。

20151121-563-2©山形県

20151121-563-6©山形県

ライトアップで漆黒の闇に浮かび上がる樹氷

樹氷が成長を始め、見頃を迎える例年12月末~2月末にかけて、蔵王ロープウェイ山頂駅付近の樹氷がライトアップされます。

20151121-563-4©山形県

ライトアップで漆黒の闇の中に浮かび上がる樹氷の姿は、白銀に輝くそれとは全く異なり、まるで幻想の世界に迷い込んだような雰囲気に包まれます。

20151121-563-3©山形県

20151121-563-10©山形県

ナイトツアーで幻想的な世界へ

もっと樹氷を間近で体験したい方には、蔵王ロープウェイが主催しているナイトツアー「樹氷幻想回廊ツアー」がおススメです。暖房付きの雪上車「ナイトクルーザー号」に乗って、ライトアップされた夜の樹を間近で見ることができます。

20151121-563-7©Zao Ropewayedical

20151121-563-8©Zao Ropewayedical

名称 蔵王の樹氷(山形県)
住所 山形市蔵王温泉 蔵王ロープウェイ山麓駅周辺
HP 蔵王ロープウェイ

 

樹氷を見た後は蔵王温泉でゆっくりと

樹氷を見た後は蔵王温泉でゆっくりと温泉なんていかがでしょうか?蔵王温泉は開湯1900余年、東北屈指の規模と歴史を誇る名湯で、「美人づくりの湯」や「子供が育つ湯」として古くから親しまれている人気の温泉地です。そんな蔵王温泉の中でも、蔵王温泉随一の老舗旅館「おおみや旅館」は特におススメです。

20150825-481-9©おおみや旅館

20150825-481-11©おおみや旅館

館内は木造の優しいぬくもりに溢れ、大正ロマン漂うノスタルジックな雰囲気。全館が素足に心地よい畳敷きになっています。食事は、蔵王牛や季節の食材をふんだんに使った創作会席料理。自慢の温泉は100%源泉掛け流し、4つの湯船で1000年の間、絶えることなく湧き続ける名湯を楽しむことができますよ。

20150825-481-10©おおみや旅館

20151121-563-16©おおみや旅館

名称 おおみや旅館
住所 山形県山形市蔵王温泉46
HP おおみや旅館

 

おおみや旅館 宿泊プラン

20150825-481-9 『おおみや旅館』宿泊プラン(じゃらん) 『おおみや旅館』プラン比較

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る