長島温泉で楽しむ日帰り入浴!人気の日帰り温泉スポット5選

0

三重県桑名市にある「長島温泉」。日本最大級の遊園地やホテル、アウトレットパークなどが揃う一大総合レジャー「ナガシマリゾート」内に湧く温泉で、旅館やホテル、スポーツランド、ボタニカルガーデンなどの温泉施設で日帰り入浴を楽しむことができます。そこで今回は、長島温泉で人気の日帰り温泉スポットを5ヶ所、ご紹介します。

1. 長島温泉 湯あみの島

photo by nagashimaresort.jp

photo by nagashimaresort.jp

photo by nagashimaresort.jp

ナガシマリゾートにある日帰り温泉施設「長島温泉 湯あみの島」。湯殿は、男湯が黒部峡谷の壮大なスケールを、女湯は奥入瀬渓流の自然美をイメージ。1万坪もの広大な敷地には、内湯、露天風呂など男女合わせて17種類の趣向を凝らしたお風呂を備えています。温泉のほかにも、リラックスルームや食事処、ボディケア・エステ、岩盤浴なども完備。豪華出演者を迎え、連日開催される歌謡ショーも大変人気です。

名称 長島温泉 湯あみの島
住所 三重県桑名市長島町浦安333
時間 9:30~23:00 ※季節、曜日により変動あり
料金 大人:2100円、小学生:1300円、幼児(2歳以上):700円
風呂 大浴場、露天風呂など17のお風呂
温泉 長島温泉
電話 0594-45-1111
HP 長島温泉 湯あみの島
地図 Googleマップ

 

2. 長島温泉 ホテル 花水木

photo by nagashimaresort.jp

photo by nagashimaresort.jp

photo by nagashimaresort.jp

長島温泉屈指の高級旅館「ホテル 花水木」。伝統の趣きを大切にした純和風の客室、ゆとりある吹き抜けが開放的なロビー、雅な和風庭園など、洗練された癒しの空間が演出されています。温泉は、和風庭園に瀧を配した庭園風呂で湯あみを堪能できます。日帰りでの利用も可能で、花水木自慢の会席料理と温泉入浴(日帰り温泉施設「湯あみの島」又は、ホテル花水木庭園風呂「瀧の湯」」)がセットになった日帰り温泉プランなどを用意しています。

名称 長島温泉 ホテル 花水木(はなみずき)
住所 三重県桑名市長島町浦安333
時間 日帰り温泉プランにより異なる
料金 日帰り温泉プランにより異なる
風呂 露天風呂、大浴場
温泉 長島温泉
電話 0594-45-1111
HP 長島温泉 ホテル 花水木
地図 Googleマップ

 

3. なばなの里 里の湯

photo by nagashima-onsen.co.jp

photo by nagashima-onsen.co.jp

photo by nagashima-onsen.co.jp

広大な敷地に豊かな自然と多彩な施設が揃うテーマパーク「なばなの里」。四季を通じて美しい草花が咲き誇り、冬に開催される日本最大級のウィンターイルミネーションは特に有名です。そんな「なばなの里」にある温泉施設「里の湯」には、季節の花に囲まれた庭園の中に、ゆとりのある大浴場、岩を配した露天風呂や檜造りのジャグジーなどがあり、ゆったりと天然温泉を楽しむことができます。

名称 なばなの里 里の湯(なばなのさと さとのゆ)
住所 三重県桑名市長島町駒江漆畑270
時間 10:00~21:00 ※時期により変動あり
料金 小学生以上:1500円、幼児(3歳~):500円※なばなの里の入園料は別途
風呂 露天風呂、大浴場
温泉 長島温泉
電話 0594-41-0787
HP なばなの里 里の湯
地図 Googleマップ

 

4. 天然温泉 クアハウス長島

photo by naspo.jp

photo by naspo.jp

photo by naspo.jp

ゴルフコースやテニスコート、乗馬クラブなどを備えた長島スポーツランド内にある温泉施設「クアハウス長島」。お風呂は、全身浴、泡沫浴、うたせ湯、歩行浴、壺風呂、歩行浴、圧注浴など多彩。すべての浴槽で源泉かけ流しの天然温泉を楽しむことができます。リクライニングチェアのあるリラックスルームや畳の休憩処なども完備されているので、湯上りにものんびりと過ごすことができます。

名称 天然温泉 クアハウス長島
住所 三重県桑名市長島町福吉879-5
時間 10:30~22:00 火曜日定休
料金 大人:900円、小学生:500円、幼児(3歳~):300
風呂 泡風呂 、打たせ湯 、壺風呂、歩行浴、渦流浴など
温泉 長島温泉
電話 0594-45-1122
HP 天然温泉 クアハウス長島
地図 Googleマップ
1 2
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る