憧れの人気宿!筋湯温泉でおすすめの人気旅館7選

0

大分県の中西部、九重町に湧く「筋湯温泉」。開湯は天徳2年(958年)。1000年以上の歴史を持つ古湯で、桶蓋山の山麓標高1000mの山峡に、老舗旅館やホテル、共同浴場が点在しています。「筋の病に効く」ということから「筋湯温泉」と呼ばれるようになり、リュウマチや神経痛、運動器障害などに効果があると評判です。避暑地の飯田高原や日本一高い人道専用吊橋「九重“夢”大吊橋」なども近く、年間を通して多くの人で賑わう人気の温泉地です。今回は、筋湯温泉でおすすめの人気旅館を7つ、ご紹介します。

1. 山あいの宿 喜安屋

photo by kiyasuya.jp

photo by kiyasuya.jp

photo by kiyasuya.jp

photo by kiyasuya.jp

筋湯温泉から静かな山あいに入った「山あいの宿 喜安屋」。客室は全10室。全室古民家風の離れで、それぞれに趣向を凝らした露天風呂を備えています。温泉は、客室露天風呂はもちろん、開放感のある露天風呂と内湯、貸切露天風呂でも、源泉かけ流しの湯を楽しむことができます。料理は、四季折々の厳選素材を使った山里料理を味わうことができます。

名称 山あいの宿 喜安屋(やまあいのやど きやすや)
住所 大分県玖珠郡九重町湯坪527
電話 0973-79-3341
HP 山あいの宿 喜安屋
地図 Googleマップ

 

山あいの宿 喜安屋 宿泊プラン

『喜安屋』⇒ じゃらん 『喜安屋』⇒ るるぶ 『喜安屋』⇒ 一休

 

 

2. 筋湯温泉 旅荘 小松別荘

photo by komatsu-bessou.com

photo by komatsu-bessou.com

photo by komatsu-bessou.com

photo by komatsu-bessou.com

夕食の創作郷土懐石料理が評判の「旅荘 小松別荘」。緑深き山あいの隠れ家的な温泉宿です。客室は、落ち着きのある和空間。中でも、一日一組限定の古民家風離れがおすすめで、居間と寝室、和室とロフト和室、檜風呂まで備えた贅沢な造りです。温泉は、4つの趣の異なる貸切風呂で源泉かけ流しの贅沢な湯を。宿自慢の料理は、地元の旬の素材を中心とした、小松別荘ならではの創作郷土懐石料理を味わうことができます。

名称 筋湯温泉 旅荘 小松別荘(りょそう こまつべっそう)
住所 大分県玖珠郡玖珠郡九重町湯坪517-8
電話 0973-79-2432
HP 旅荘 小松別荘
地図 Googleマップ

 

筋湯温泉 旅荘 小松別荘 宿泊プラン

『旅荘 小松別荘』⇒ じゃらん

 

 

 

3. 筋湯温泉 旅館 白滝

photo by shirataki.jp

photo by shirataki.jp

photo by shirataki.jp

photo by shirataki.jp

一日10組限定の「旅館 白滝」。静かな山あいに佇み、清流のせせらぎに癒される純和風旅館です。客室は、10畳の落ち着きのある和室と、半露天風呂付きの和室を用意。温泉は、野趣あふれる露天風呂と4つの趣の異なる貸切風呂で、湯めぐりを楽しめます。料理は、豊後牛をメインに、川魚や山菜、有機栽培の野菜など、九重の旬の味覚を盛り込んだん創作和会席を味わうことができます。

名称 筋湯温泉 旅館 白滝(りょかん しらたき)
住所 大分県玖珠郡九重町湯坪721
電話 0973-79-2739
HP 旅館 白滝
地図 Googleマップ

 

筋湯温泉 旅館 白滝 宿泊プラン

『旅館 白滝』⇒ じゃらん 『旅館 白滝』⇒ るるぶ 『旅館 白滝』⇒ 一休

 

 

4. 筋湯温泉 秀月

photo by shugetu.com

photo by shugetu.com

photo by shugetu.com

photo by shugetu.com

温泉街から少し離れた、静かな山あいに佇む「筋湯温泉 秀月」。客室は、離れ風の8室。ベッドルームと和室からなり、すべてに源泉かけ流しの露天風呂を備えた贅沢な造りとなっています。お風呂は、客室露天風呂の他にも、重厚な切石の浴槽を備えた内湯も評判。存分に源泉かけ流しの湯を楽しむことができます。料理は、地産地消にこだわり、地元の厳選素材を使った上品な懐石料理を味わうことができます。

名称 筋湯温泉 秀月(しゅうげつ)
住所 大分県玖珠郡九重町大字湯坪筋湯528
電話 0973-73-0050
HP 秀月
地図 Googleマップ

 

筋湯温泉 秀月 宿泊プラン

『秀月』⇒ じゃらん 『秀月』⇒ るるぶ 『秀月』⇒ 一休
1 2
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る