憧れの人気宿!赤湯温泉でおすすめの人気旅館5選

0

山形県南陽市に湧く「赤湯温泉」。開湯は900年前と古く、藩政時代には米沢藩主の御殿湯も設けられていた名湯です。日本のさくら100選の烏帽子山公園の麓に温泉宿や共同浴場、足湯が点在。桜が満開の時期には多くの観光客で賑わいます。赤湯は、ワインの郷としても知られ、ワイナリー巡りも楽しめる人気の温泉地です。今回は、赤湯温泉でおすすめの人気旅館を5つ、ご紹介します。

1. 赤湯温泉 松島館

photo by matsushimakan.co.jp

photo by matsushimakan.co.jp

photo by matsushimakan.co.jp

photo by matsushimakan.co.jp

一日8組限定の高級宿「赤湯温泉 松島館」。玄関をくぐると街の喧騒から逃れる癒しの空間が広がっています。客室は、寛ぎの和室、ベッドルーム付きの洋室、露天風呂付きなど、それぞれ趣の異なる造り。全てがリビングキッチンを備えたスイート仕様となっています。温泉は、3つの貸切風呂で24時間いつでも、源泉かけ流しの湯を堪能できます。料理は、山形の野趣あふれる山海の幸を使った、季節を感じる懐石料理を楽しむことができます。

名称 赤湯温泉 松島館(まつしまかん)
住所 山形県南陽市赤湯725
電話 0238-43-2501
HP 松島館
地図 Googleマップ

 

赤湯温泉 松島館 宿泊プラン

『松島館』⇒ じゃらん 『松島館』⇒ るるぶ 『松島館』⇒ 一休

 

 

2. 上杉の御湯 御殿守

photo by gotenmori.co.jp

photo by gotenmori.co.jp

photo by gotenmori.co.jp

photo by gotenmori.co.jp

創業380余年の伝統を守る老舗旅館「上杉の御湯 御殿守」。かつて米沢藩主・上杉家の別荘「赤湯御殿」として利用された由緒ある名宿です。自慢の温泉は、大石風呂や升風呂など5つのお風呂を備える「東湯」、青森ひば風呂や樽風呂など6つのお風呂からなる「西湯」で湯めぐりを楽しめます。客室は、落ち着いた寛ぎの和室、2間続きや茶室を備えた特別室、ベッドを配したモダンルームなどを用意。料理は、米沢牛など、山形の厳選素材を盛り込んだ会席料理を楽しむことができます。

名称 上杉の御湯 御殿守(うえすぎのみゆ ごてんもり)
住所 山形県南陽市赤湯989
電話 0238-40-2611
HP 上杉の御湯 御殿守
地図 Googleマップ

 

上杉の御湯 御殿守 宿泊プラン

『上杉の御湯 御殿守』⇒ じゃらん 『上杉の御湯 御殿守』⇒ るるぶ

 

 

3. 赤湯温泉 森の湯

photo by morinoyu.co.jp

photo by morinoyu.co.jp

photo by morinoyu.co.jp

photo by morinoyu.co.jp

江戸時代より続く老舗宿「赤湯温泉 森の湯」。全館平屋建ての落ち着いた佇いの和風旅館です。客室は、一般客室と露天風呂付き客室の2タイプ。いずれの客室風呂も全て天然温泉を湛えています。料理は、米沢牛や新鮮野菜など、山形の旬の味覚を楽しめる会席料理。温泉は、客室風呂に加えて、檜の露天風呂とゆったりとした内風呂で、湯あみを楽しむことができます。

名称 赤湯温泉 森の湯(もりのゆ)
住所 山形県南陽市赤湯548
電話 0238-43-205
HP 森の湯
地図 Googleマップ

 

赤湯温泉 森の湯 宿泊プラン

『森の湯』⇒ じゃらん 『森の湯』⇒ るるぶ 『森の湯』⇒ 一休

 

 

4. 山形座 瀧波

photo by takinami.co.jp

photo by takinami.co.jp

photo by takinami.co.jp

photo by takinami.co.jp

創業100余年の歴史を誇る「山形座 瀧波」。2017年8月にリニューアルオープンし、和風旅館から和モダンな癒し宿へと生まれかわりました。客室は、蔵をリノベーションした「KURA」、桜咲く庭をのぞむ「SAKURA」、 山形の工芸品を使った「YAMAGATA」の3タイプ。全室に露天風呂を備えています。料理は、米沢牛、米沢豚一番育ち、庄内の魚介類、有機野菜など、山形の厳選した素材を使った創作料理を楽しむことができます。

名称 山形座 瀧波(やまがたざ たきなみ)
住所 山形県南陽市赤湯3005
電話 0238-43-6111
HP 山形座 瀧波
地図 Googleマップ

 

山形座 瀧波 宿泊プラン

『山形座 瀧波』⇒ じゃらん 『山形座 瀧波』⇒ るるぶ 『山形座 瀧波』⇒ 一休

 

1 2
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る