カラフルで可愛い三角屋根の建物。ノルウェーの世界遺産「ブリッゲン」

0

ブリッゲン(Bryggen)とは

ノルウェーの港湾都市ベルゲンにあるブリッゲン地区は、ハンザ同盟のドイツ商人たちの居留地だった場所。三角屋根の木造建築が建ち並び、中世ノルウェー建築の典型として、1979年に世界文化遺産に登録されました。

20140819-101-12©flickr/Michela Simoncini

 三角屋根のカラフルな木造建築群

かつてドイツ商人の事務所や宿泊地として使用されていた所で、港に面してカラフルな三角屋根の木造建築が立ち並んでいます。現在ではアクセサリーや衣服、レストランなどのお店になっています。

20140819-101-8©flickr/Giåm

20140819-101-16©flickr/Moi of Ra

20140819-101-5©flickr/AnneCN

20140819-101-14©flickr/Dal Lu

20140819-101-3©flickr/Kamil Porembiński

今も歴史を残す

ドイツ商人はノルウェー産の乾燥ダラの輸出を独占することで繁栄しました。街には乾燥ダラの倉庫として使われていた建物も多く、タラを出し入れするのに使われた滑車など、当時の歴史を物語るものが数多く残っています。

20140819-101-19©flickr/Nataraj Metz

20140819-101-18©flickr/michael_stahl

乾燥ダラを台車に載せて運びやすいよう、建物の間の細い路地の床は板張りです。

港を見渡せるフロイエン山は絶好のポイント

フロイエン山からの眺めも素晴らしいです。ケーブルカーで山頂まで約8分ほどでのぼれます。

20140819-101-21©flickr/Ben Andreas Harding

20140819-101-1©flickr/Kamil Porembiński

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る