もらって嬉しい!大丸京都でおすすめの人気お土産5選

0

京都観光にも便利な烏丸にある「大丸京都」。明治45年(1912年)に、この地にオープンして以来、京都らしいライフスタイルを提案し続けています。そんな大丸京都には、人気のスイーツや京都でしか買えない限定品など、バラエティ豊かなお土産がそろっています。今回は、大丸京都で買えるおすすめの人気お土産を6個、ご紹介します。

お土産におすすめ!京都ならではの抹茶スイーツ

1. 祇園あのん 「抹茶あんぽーね」

photo by a-n.kyoto.jp

「祇園あのん」は、あんこをテーマに、新感覚の和スイーツを提供しているお店。「抹茶あんぽーね」は、あんことマスカルポーネチーズクリーム、最中皮が別包装になっていて、食べる前に自分で好みの量を詰めて食べる手作り最中です。京都のお茶の老舗「丸久小山園」の抹茶を使用した特製あんこと、マスカルポーネチーズ入りの自家製クリームが見事に調和した逸品で、パッケージもとってもオシャレ!手土産や贈答品にもおススメな一品です。

photo by a-n.kyoto.jp

取扱店 大丸京都 B1F 祇園あのん
電話 075-708-6927
営業時間 10:00~18:00 不定休(大丸京都店に準ずる)
商品 抹茶あんぽーね: (税込)1,728円(5個入)、(税込)3,456円(10個入)
HP 祇園あのん

 

2. 京阿月(きょうあづき) 「双縁餅(ふたえもち)」

photo by kyoazuki.jp

「京阿月(きょうあづき)」は、江戸時代に雑穀問屋として創業。素材にこだわった、四季折々の京菓子を提供する和菓子店です。「双縁餅(ふたえもち)」は、京都下鴨ゆかりの双葉葵(ふたばあおい)の葉をかたどった餅菓子。厳選した丹波大納言で作った自家製のつぶ餡を求肥で包み、宇治抹茶ときな粉を振りかけて仕上げています。「双葉葵(ふたばあおい)」は、古くから、良縁を引き寄せる「縁結び」にご利益があると言われてきました。1本の茎から2枚の葉をつけることにちなんで、「双縁餅(ふたえもち)」も、1袋2個入りとなっています。

photo by kyoazuki.jp

取扱店 大丸京都 B1F 京阿月
電話 075-241-7064
営業時間 10:00~18:00 不定休(大丸京都店に準ずる)
商品 双縁餅(ふたえもち): (税込)972円(5袋入(10個入))
HP 京阿月(きょうあづき) 

 

3. アンテノール 「アンテワーズ・ジャポンお濃茶」

photo by antenor.jp

「アンテワーズ・ジャポンお濃茶」は、お濃茶クリームと甘納豆を、抹茶を贅沢に練り込んだダックワーズでサンドした京都地区限定の商品です。宇治にある老舗の抹茶問屋「北川半兵衞商店」の高級抹茶「瑞鳳(ずいほう)」を使用。一番茶を石臼で丁寧に挽き、茶葉本来の香り・甘みを引き出した一品です。抹茶好きの方へのお土産におススメです!

取扱店 大丸京都 B1F アンテノール
電話 075-212-2305
営業時間 10:00~18:00 不定休(大丸京都店に準ずる)
商品 アンテワーズ・ジャポンお濃茶: (税込)745円(3個入)、(税込)1,242円(5個入)、(税込)1,987円(8個入)
HP アンテノール

 

お土産に最適!大丸京都で人気の京菓子

4. 俵屋吉富(たわらやよしとみ) 「京まいこちゃん」

photo by kyogashi.co.jp

「俵屋吉富(たわらやよしとみ)」は、宝暦5年(1755年)に創業。京菓子の伝統と技を今に受け継ぐ老舗の名店です。「京まいこちゃん」は、舞子さんをイメージした着物や花かんざしなどをモチーフにしたリキュール菓子。薄い砂糖の殻の中から、リキュールがとろ~り溢れ出す、ちょっと大人のボンボン。京都・祇園の風情を表現した、京都ならではの可愛い一品。京都エリア限定の商品で、お土産にも最適です!

photo by kyogashi.co.jp

取扱店 大丸京都 B1F 俵屋吉富
電話 075-241-7450
営業時間 10:00~18:00 不定休(大丸京都店に準ずる)
商品 京まいこちゃん: (税込)1,080円
HP 俵屋吉富(たわらやよしとみ) 
1 2
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る