愛媛の旨い名物が食べたい!愛媛県の名物ご当地グルメ12選

0

愛媛県民にお馴染みの味!愛媛名物の郷土菓子・おやつ

10. みかんスイーツ

photo by facebook/10mikan

愛媛県は、日本有数のみかんの産地。愛媛県のみかん栽培の歴史は古く、江戸時代末期にさかのぼります。土佐からみかんの苗木を入手した加賀山平次郎氏が、自宅の庭で栽培したのが始まりとされ、明治時代に入って、みかん栽培が盛んになったと伝えられています。現在、愛媛県の柑橘類の品種は、40品種以上あり、品種の多さでは、日本一を誇ります。それぞれ収穫時期が異なるため、旬の柑橘類を使ったフレッシュなスイーツがいただけるのも柑橘王国・愛媛ならでは。本場のみかんスイーツを堪能してみてはいかがでしょうか?

photo by facebook/10mikan

取扱店 10FACTORY(松山市)、ニュウズ(八幡浜市)、清光堂(今治市)ほか
HP 10FACTORYニュウズ清光堂 

 

11. タルト

photo by 愛媛県観光物産協会

愛媛県で「タルト」といえば、カステラ生地で小豆餡をロールケーキ状に巻いたお菓子のこと。江戸時代に、松山藩主・松平定行公が、長崎探題職の命を受けて長崎に滞在していた頃、カステラ生地でジャムを巻き込んだ南蛮菓子を大変気に入り、その製法を松山へ持ち帰って作らせたのが始まりと伝えられています。四国特産の柚子を小豆餡に入れ、爽やかで上品な味わいに仕上げた一品。現在では、抹茶やみかん、さくらなどの季節限定商品も販売されています。愛媛土産の定番で、江戸時代から親しまれている郷土菓子です。

取扱店 一六本舗(松山市)、六時屋(松山市)、畑田本舗(松山市)ほか
HP 一六本舗六時屋畑田本舗

 

12. 霧の森大福

photo by 愛媛県観光物産協会

「霧の森大福」は、特製の生クリームとこし餡を抹茶入りのお餅で包み込み、さらに、抹茶を贅沢にまぶした抹茶生大福。愛媛県のお茶どころ・四国中央市で作られる新宮(しんぐう)茶の中でも、特に香り高い「かぶせ抹茶」をふんだんに使用。あえて食べやすいサイズにして、新宮(しんぐう)茶の美味しさを楽しめるように仕上げた一品。あまりの人気に、店頭では午前中に完売続出!生産できる数量に限りがあり、ネット販売も不定期開催のみなんだとか。入手困難な商品として知られる愛媛県を代表する大人気スイーツです。

取扱店 霧の森菓子工房(四国中央市・松山市)
HP 霧の森
1 2 3

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る