広島の旨い名物が食べたい!広島県の名物ご当地グルメ15選

0

広島の名物といえば、何を思い浮かべるでしょうか?広島には、瀬戸内の新鮮な海の幸を生かした郷土料理や、地元の素材を使ったご当地B級グルメ、広島県民にお馴染みのお菓子など、広島自慢の美味しい名物が盛りだくさん!今回は、広島県の名物ご当地グルメを15個、ご紹介します。

広島名物を食べる!伝統の郷土料理

1. カキの土手鍋

photo by 広島県観光連盟

「カキの土手鍋」は、鍋のふちに味噌を塗り、牡蠣・野菜・豆腐などを入れ、味噌を溶かしながら煮る郷土料理。土手鍋の名の由来は、鍋の内側に土手のように塗るからという説や、江戸時代に広島から大阪へ牡蠣を輸送していた「かき船」が、川の土手下で牡蠣鍋も販売していたからという説など諸説あるそう。広島では、寒い冬の時期に食される定番鍋。農林水産省が選定した「郷土料理百選」に、あなご飯とともに紹介されている広島を代表する郷土料理です。

取扱店 かき船 かなわ(広島市)、酔心(広島市)ほか
HP かき船 かなわ酔心

 

2. あなご飯

photo by 広島県観光連盟

「あなご飯」は、穴子のアラからとったダシで炊いた醤油風味のご飯の上に、穴子の蒲焼を敷き詰めた宮島名物の丼ぶり。明治時代に、あなごめしの老舗「うえの」の創業者・上野他人吉(たにきち)が、瀬戸内の漁師料理「あなごどんぶり」をアレンジして考案したもの。宮嶋駅(現 宮島口駅)で売り出しだのが始まりと言われています。宮島で100年以上にもわたって親しまれている名物料理です。

取扱店 うえの(廿日市市)、ふじたや(廿日市市)、和田(廿日市市)ほか
HP うえの

 

3. たこめし

photo by 広島県観光連盟

瀬戸内海に面する三原市は、県内屈指のタコの産地。海沿いで見られる干しタコの風景は、三原の夏の風物詩となっています。三原名物「たこめし」は、もともと漁師が、船上で獲れたてのタコをブツ切りにして、ご飯と炊き込んで食べていた漁師めし。三原のたこめしは、タコのプリプリとした食感が楽しめる、新鮮な真ダコを使用するのが特徴。タコの旨味がご飯に染み込み、タコの美味しさを存分に味わえる三原の名物めしです。

取扱店 登喜将本店(三原市)、お食事処 蔵(三原市)ほか
HP 和食処 登喜将お食事処 蔵

 

4. 美酒鍋(びしゅなべ/びしょなべ)

photo by 広島県観光連盟

西日本でも、有数の酒どころとして知られる東広島市西条エリア。「美酒鍋(びしゅなべ/びしょなべ)」は、日本酒をふんだんに使い、塩・こしょうでシンプルに味付けた西条地域に伝わる鍋料理。酒蔵で働く杜氏達が、空腹を満たすために、蔵の中で作って食べたのが始まりとされています。地酒をたっぷり入れて煮ることによって、アルコール分がとび、日本酒の旨味が引き立つため、お酒が苦手な方でも美味しくいただけます。お肉や野菜たっぷりの絶品鍋で、寒い冬に食べたい!体の芯から温まるご当地鍋です。

取扱店 倉凛(そうりん)(広島市)、華てまり(東広島市)、割烹 しんすけ(東広島市)ほか
HP 倉凛(そうりん)華てまり割烹 しんすけ
1 2 3 4
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る