池袋のお弁当ならコレ!池袋でおすすめの人気弁当7選

0

駅弁は、列車で旅する楽しみのひとつですね!車窓を眺めながら食べる駅弁は、美味しさも格別!池袋駅は、JR線、東武東上線、西武池袋線、東京メトロなど、複数の路線が乗り入れる旅の拠点となるターミナル駅。西武・東武百貨店の2大デパートがあり、東京の美味しいものや全国の選りすぐりのお店が提供するバラエティ豊かなお弁当が揃っています。今回は、池袋でおすすめの人気弁当を7個、ご紹介します。

1. 知床鮨 「いくら一山」

photo by shiretokosushi.com

「知床鮨」は、新鮮な北海道の海の幸を贅沢に使用したバラエティ豊かなお弁当を販売しています。「いくら一山」は、とろけるような味わいのプレミアムサーモントラウトとカニのほぐし身の押し寿司の中に、北海道産の醤油いくらを敷き詰めた一品。ハーフサイズの半折もあり、お好みでサイズを選べるのも嬉しいですね!

取扱店 東武百貨店池袋店B2F 4番地 知床鮨 東武池袋店
電話 03-5950-0092
営業時間 (月~土)10:00~21:00 (日曜・祝日)10:00~20:00 不定休(東武百貨店池袋店に準ずる)
商品 いくら一山: (税込)1,296円、半折いくら一山: (税込)831円
お品書き サーモン・カニ・いくらの押し寿司など
HP 知床鮨

 

2. サンマルコ 「ビーフカレー弁当」

photo by tonkatu-kyk.co.jp

「サンマルコ」は、日本カレーのルーツであるヨーロピアンカレーをベースにした欧風カレーの専門店。関西エリアを中心に店舗をかまえており、都内では、東武百貨店池袋店の1店舗のみとなっています。1番人気の「ビーフカレー」は、脂肪分の少ないビーフに、新鮮な野菜、20種類以上のスパイスなどで仕上げた辛口のカレー。フルーツやヨーグルトを加えることで、まろやかなコクと味わいに。柔らかなビーフと深みのある美味しさがクセになる人気メニューです。

取扱店 東武百貨店池袋店B2F 8番地 サンマルコ東武池袋店
電話 03-3982-2868
営業時間 (月~土)10:00~21:00 (日曜・祝日)10:00~20:00(L.O.閉店30分前) 不定休(東武百貨店池袋店に準ずる)
商品 ビーフカレー弁当: (税込)791円
お品書き ビーフカレー、レーズン、パプリカ、キャベツピクルスなど
HP サンマルコ

 

3. 天のや 「玉子サンド」

 

photo by amanoya.tokyo

東京・麻布十番の甘味処「天のや」。名物の「玉子サンド」は、関西風のダシをたっぷり使用した厚焼き玉子をサンドしたもの。ふんわり食感のパンに、からしの効いたマヨネーズソースを塗ることで、味のアクセントに。芸能人御用達のちょっと大人の玉子サンドです。

photo by amanoya.tokyo

取扱店 西武池袋本店B1F 天のや 西武池袋本店
電話 03-5949-2137
営業時間 (月~土)10:00~21:00 (日曜・祝日)10:00~20:00 不定休(西武百貨店本店に準ずる)
商品 玉子サンド ハーフ: (税込)702円、玉子サンド レギュラーサイズ: (税込)1,181円
お品書き 玉子サンドなど
HP 天のや

 

4. 深川太郎 「深川めし弁当」

photo by fukagawataro.co.jp

江戸時代に漁師の知恵から生まれた東京名物「深川めし」。「深川太郎」は、深川めしと特製厚焼き玉子が自慢のお店です。「深川めし弁当」は、アサリのダシが効いた深川めしと1本1本職人が焼き上げる看板メニューの厚焼き玉子が楽しめる人気のお弁当。東京名物を旅のお供にいかがでしょうか?

取扱店 西武池袋本店B1F 深川太郎 西武池袋店(南A11)
電話 03-3981-0111(代表)
営業時間 (月~土)10:00~21:00 (日曜・祝日)10:00~20:00 不定休(西武百貨店本店に準ずる)
商品 深川めし弁当: (税込)864円
お品書き 深川めし、厚焼玉子、筍の土佐煮、昆布の佃煮、椎茸うま煮など
HP 深川太郎
1 2
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る