真っ白な大砂丘と無数に点在するエメラルドグリーンの湖に大感動!

0

レンソイス・マラニェンセス国立公園

ブラジル・マラニャン州にある「レンソイス・マラニェンセス国立公園」。レンソイスとは、ポルトガル語でシーツの意味。その名の通り、白いシーツを広げたかのような真っ白な大砂丘が広がっています。白い砂の正体は水晶の成分である石英。長い年月をかけて研磨され、光を反射して白く輝いているそうです。

20141016-159-28©flickr/ipa 1

無数に散らばるエメラルドブルーの湖

この砂丘、例年2月から5月の雨季の時期に無数のエメラルドグリーンの湖が現れます。美しい純白の砂丘にエメラルドグリーンの湖が無数に点在する光景は感動的です。

20141016-159-19©flickr/2ilorg

20141016-159-29©flickr/ernie_greatoutdoors

20141016-159-2©flickr/Sylvain Bourdos

純白の砂と太陽の光によって、湖の色が鮮やかなグリーンやブルーに輝きます。

20141016-159-17©flickr/ambientalturismo

20141016-159-32©flickr/iolanda fresnillo

20141016-159-13©flickr/Miradas.com.br

20141016-159-4©flickr/stevemonty

20141016-159-11©flickr/Fred Schinke

泳いでいる人もいますね。まるでビーチのようです。

20141016-159-30©flickr/ernie_greatoutdoors

でも、乾季になると水は無くなり、このような感じに。

20141016-159-5©flickr/inthesitymad

夕陽に照らされる白い砂と湖の景観も美しいですね。

20141016-159-26©flickr/Sylvain Bourdos

真っ白な砂丘と無数に点在するエメラルドグリーンの湖。一度は訪れてみたい魅力的なスポットです。

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る