もらって嬉しい!舞鶴でおすすめの人気お土産6選

0

京都府北部に位置する「舞鶴市」。舞鶴は、明治期に、海軍鎮守府舞鶴鎮守府が置かれ、軍港の町として発展してきた歴史があり、海軍ゆかりの観光スポットなどノスタルジックな雰囲気が楽しめる人気の観光地。そんな舞鶴には、地元で有名な銘菓やスイーツ、名産品などバラエティ豊かなお土産がそろっています。今回は、舞鶴でおすすめの人気お土産を6個ご紹介します。

お土産の定番!舞鶴で人気のお菓子

1. 東月堂 「舞鶴海軍ロール」

photo by higashimaizuru.com

「東月堂」は、大正10年創業の老舗菓子店です。「舞鶴海軍ロール」は、海軍が舞鶴に残した「海軍割烹術参考書」のレシピを現代風にアレンジして作られたスイーツ。濃厚バタークリームに甘酸っぱいいちごジャムをふわモチ食感の生地で包みこんであり、どこか懐かしい味わいが楽しめるロールケーキです。

取扱店 (東月堂)京都府舞鶴市浜428
電話 (東月堂)0773-62-1203
営業時間 (東月堂)9:00~18:00 火曜日定休
商品 舞鶴海軍ロール: (税込)750円(1本)
HP 東月堂

 

2. 勇貫堂(ゆうかんどう) 「雫(しづく)」

photo by higashimaizuru.com

「勇貫堂(ゆうかんどう)」は、安政4年(1857年)に創業した、東舞鶴を代表する老舗和菓子店です。大門商店街にあり、舞鶴鎮守府初代司令長官を務めた東郷平八郎も、こちらの栗饅頭が好物だったとか。「雫(しづく)」は、丹波大納言の鹿の子羊羹を羽二重餅で包みこんだお店の看板商品。風味豊かに仕上げた丹波大納言の羊羹と、やわらかいお餅が絶妙な味わいです。上品なパッケージに包まれていて、大切な方へのお土産にも最適です。

取扱店 (勇貫堂)京都府舞鶴市字浜348
電話 (勇貫堂)0773-62-0021
営業時間 (勇貫堂)9:00~19:00 火曜日定休
商品 雫(しづく)

 

3. ラ・クロシェット・ヒラノ 「焼れんが」

photo by la-clochette.com

舞鶴は、明治期に軍港として栄えた海軍ゆかりの町。舞鶴赤レンガ倉庫群は、旧海軍舞鶴鎮守府の軍需品等の保管倉庫して建てられたもので、現在では、12棟のうち8棟が国の重要文化財に指定されています。「焼れんが」は、舞鶴の赤レンガ倉庫をモチーフにして作られたパウンドケーキ。オレンジ・チョコレート・英国紅茶の3種類の味わいが楽しめます。異国情緒溢れるレトロな魅力が詰まった舞鶴ならではのスイーツです。

取扱店 (ラ・クロシェット・ヒラノ)京都府舞鶴市字倉谷1592
電話 (ラ・クロシェット・ヒラノ)0773-77-0036
営業時間 (ラ・クロシェット・ヒラノ)(6月-10月)9:00~19:00 (11月-5月)9:00~20:00 (日曜日)10:00~19:00 第1火曜日定休
商品 焼れんが: (税込)1,296円(1本)
HP ラ・クロシェット・ヒラノ

 

お土産におすすめ!舞鶴の名産品

4. 嶋七 「護衛艦 かまぼこ みょうこう」

photo by shima7.com

「舞鶴かまぼこ」は、舞鶴近海で獲れた鮮魚を使用し、すわり・本蒸しという2段階の蒸し上げ方法で作られた舞鶴ブランドのかまぼこ。舞鶴独自の蒸し方で、特有の歯ごたえと旨味が楽しめる舞鶴を代表する名産品です。「護衛艦 かまぼこ みょうこう」は、近海で獲れた白グチなど上質な鮮魚のすり身をふんだんに使用し、天然塩で旨味を引き出した本格かまぼこ。海上自衛隊の護衛艦「みょうこう」の姿が描かれたパッケージに包まれた限定品として、お土産に大人気の商品です。

photo by shima7.com

取扱店 嶋田商店(舞鶴港とれとれセンター内)、舞鶴観光ステーション(西舞鶴駅1F)、舞鶴かね和、らぽーる(東舞鶴駅前)ほか
商品 護衛艦 かまぼこ みょうこう: (税込)550円(1枚)、 (税込)1,220円(2枚入)、 (税込)1,800円(3枚入)
HP 嶋七
1 2
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る