三重の旨い名物が食べたい!三重県の名物ご当地グルメ13選

0

三重の名物といえば、何を思い浮かべるでしょうか?万葉集に「御食つ国(みけつくに)」と詠まれた三重は、古くから食の宝庫として知られてきました。伊勢神宮ゆかりの郷土料理や、地元の素材を使ったご当地B級グルメ、三重県民にお馴染みのお菓子など、三重自慢の美味しい名物が盛りだくさん!今回は、三重県の名物ご当地グルメを13個、ご紹介します。

三重名物を食べる!伝統の郷土料理

1. 伊勢うどん

photo by 伊勢志摩観光コンベンション機構

「伊勢うどん」は、柔らかく茹でた太麺のうどんに、かつお節やいりこなどでとったダシ汁に、たまり醤油などを入れた少し甘めの濃厚つゆを絡めていただくうどん。江戸時代以前より、伊勢地方の農民が、うどんに地味噌のうわずみのたまり(醤油)をかけていたものにダシ汁を加え、食べやすくしたのが始まりと言われています。その後、お伊勢参りの参拝客に振舞う店が増えていき、伊勢名物として定着したんだそう。農林水産省が選定した「郷土料理百選」に、てこね寿司とともに紹介されている三重を代表する郷土料理です。

取扱店 ちとせ(伊勢市)、山口屋(伊勢市)、伊勢うどんのまめや(伊勢市)ほか
HP 山口屋伊勢うどんのまめや
備考 伊勢うどん協議会

 

2. てこね寿司

photo by 伊勢志摩観光コンベンション機構

「てこね寿司」は、カツオやマグロなどの切り身を醤油ベースのタレに漬け込み、酢飯の上に並べたちらし寿司。お好みで、大葉や生姜、海苔などの薬味を散らしていただきます。志摩地方のカツオ漁師が、船上で釣ったカツオに醤油をかけ、手でこねて混ぜた漁師料理がルーツと言われています。栄養があり、手軽に作れることから、志摩地方の家庭に浸透していったんだとか。地域や家庭によって、漬けタレや薬味などはさまざま。現在でも、祝いの席やお客様へのもてなし料理として作られています。

取扱店 伊勢女衆の味 すし久(伊勢市)、手こね茶屋 おはらい町中央店(伊勢市)、七越茶屋(鳥羽市)ほか
HP 伊勢女衆の味 すし久手こね茶屋 おはらい町中央店七越茶屋

 

3. 松阪牛料理

photo by 伊勢志摩観光コンベンション機構

「松阪牛」は、その美しい霜降りとキメの細かい柔らかな肉質から、「肉の芸術品」とも称されています。日本三大和牛の1つに数えられるトップブランドの和牛です。本場・松坂市周辺には、老舗の松阪牛専門店から、比較的リーズナブルなお値段で楽しめるお店も。三重県を訪れたら、是非食べたい絶品グルメです!

取扱店 和田金(松坂市)、松阪まるよし(松坂市)、元祖肉の水炊き むかい(亀山市)ほか
HP 和田金松阪まるよし元祖肉の水炊き むかい

 

4. 伊勢海老料理

photo by 伊勢志摩観光コンベンション機構

山の幸・海の幸が豊富な三重県。三重県グルメの中でも、特に人気なのが、伊勢海老を使った料理です!伊勢志摩は、古くから日本有数の伊勢海老の産地として知られてきました。志摩海域を流れる黒潮とプランクトンが豊富な伊勢湾の海水の影響で、身の締まった、旨味抜群の伊勢海老が獲れるんだそう。伊勢志摩地方では、お造りや蒸し、焼きはもちろん、フレンチやイタリアンにアレンジした本場ならではの伊勢海老料理が堪能できます。

取扱店 海鮮蒸し料理 華月(鳥羽市)、志摩観光ホテル レストラン(志摩市)、漁師料理の店 海老丸(伊勢市)ほか
HP 海鮮蒸し料理 華月志摩観光ホテル レストラン漁師料理の店 海老丸
1 2 3
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る