長野の旨い名物が食べたい!長野県の名物ご当地グルメ15選

0

長野の名物といえば、何を思い浮かべるでしょうか?長野には、豊かな山の幸を生かした郷土料理や、地元の素材を使ったご当地B級グルメ、長野県民にお馴染みのお菓子など、長野自慢の美味しい名物が盛りだくさん!今回は、長野県の名物ご当地グルメを15個、ご紹介します。

長野名物を食べる!伝統の郷土料理

1. 信州そば

photo by ながの観光コンベンションビューロー

信州名物といえば、そばですね!長野県は、冷涼でそば作りに適した気候であることから、そばの名産地として知られています。古くから、そばがき(そば粉を水やお湯で溶いて茹でたもの)が一般的でしたが、江戸時代頃から、そば切り(現在の形状のそば)が食されるようになったそう。諸説あるものの、江戸時代の書物にも、「そば切りは信濃国の名物。当国より始まる」との記述があり、長野県は、そば切り発祥の地とも伝えられています。「戸隠(とがくし)そば」は、島根県の出雲そば、岩手県のわんこそばとともに、日本三大そばの1つにも数えられています。

取扱店 そばの実(長野市)、そば茶屋 極楽坊(長野市)、蕎麦倶楽部 佐々木(松本市)ほか
HP そばの実そば茶屋 極楽坊蕎麦倶楽部 佐々木

 

2. おやき

photo by ながの観光コンベンションビューロー

「おやき」とは、野菜や山菜を醤油・味噌などで味付けした具材を、小麦粉で作った生地で包み込んで焼いた長野の郷土食です。おやきの歴史は大変古く、縄文時代の遺跡から痕跡が見つかっているのだそう。長野市北西部周辺がおやきのルーツと言われており、ハレの日やおもてなし料理として各家庭で作られてきた長野を代表するソウルフードです。現在では、野菜や信州名物・野沢菜などの総菜系のものから、粒あんなどのスイーツ系のものまで、種類豊富なおやきが販売されています。農林水産省が選定した「郷土料理百選」に、信州そばとともに紹介されている長野を代表する郷土料理でもあります。

取扱店 いろは堂 本店(長野市)、小川の庄おやき村(小川村)、あづみ堂(安曇野市)ほか
HP いろは堂 本店小川の庄おやき村あづみ堂

 

3. 馬肉料理

photo by inashi-kankoukyoukai.jp

飯田市や伊那市を中心とした南信州では、古くから、馬肉文化が根付いています。もともと、年老いた農耕馬を食用として食べ始めたのが、きっかけと言われています。馬肉は、高たんぱく・低カロリーでヘルシーなお肉。「おたぐり」と呼ばれる、馬の腸を味噌で煮込んだ料理も、郷土の味として受け継がれています。南信州では、馬刺しやステーキなど、様々な馬肉料理が楽しめます。

取扱店 桜や(伊那市)、楽座 紅葉軒(伊那市)、北野屋(伊那市)ほか
HP 楽座 紅葉軒

 

4. おしぼりうどん

photo by sakaki-kanko.com

「おしぼりうどん」とは、大根おろしのしぼり汁を使ったつけ汁に、釜揚げうどんをつけていただくご当地うどん。長野県埴科(はにしな)郡坂城町や千曲市に伝わる郷土料理です。坂城町特産の「ねずみ大根」と呼ばれる辛味の強い搾り汁に、信州味噌やかつおぶし、薬味などを入れていただきます。辛味のあとに、まろやかな甘みが感じられる、味わい深い料理です。

取扱店 古波久(千曲市)、古炉奈(千曲市)、かいぜ(坂城町)ほか
HP 古波久古炉奈かいぜ
1 2 3 4
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る