芸術の秋。まるごとアートな島『直島(香川県)』に行ってみよう!

0

瀬戸内海に浮かぶ「直島(なおしま)」のこと、みなさんご存じでしょうか?直島は、外周16キロの小さな島なのですが、島全体がアートで溢れ、近年、アートの島として国内外から注目を浴びています。今回は、そんなアートな島「直島」をご紹介します。

直島(なおしま)全体がアートスペース

「直島」は島全体がアートスペースになっていて、大きく「宮浦エリア」、「本村エリア」、「美術館エリア」の3エリアに分かれています。それぞれのエリアには、見どころが点在しています。

20141104-180-27©直島町観光協会

直島の玄関口「宮浦エリア」

まるごとアートな島「直島」の玄関口、宮浦エリア。直島に向かうフェリーから、一番最初に見られるアートがこの海辺にたたずむ草間彌生氏の作品「赤いかぼちゃ」です。

20141104-180-2©flickr/Forgemind ArchiMedia

20141104-180-3©flickr/merec0

直島銭湯「I♥湯」。大竹伸朗氏が手がけた、実際に入浴ができるアートな銭湯です。

20141104-180-6©flickr/Roberto Maxwell

20141104-180-14©flickr/theCarol

昔パチンコ屋だった建物を活かして作られた展示ギャラリー「宮浦ギャラリー六区」。

20141104-180-15©flickr/Kentaro Ohno

古い家並みが残る「本村エリア」

本村エリアは、直島の古い家並みが残る地区。古い家屋などを改修し、住民の生活のなかにアートが溶け込んでいます。

こちらは、「はいしゃ」。かつて歯科医院だったところをまるごと作品化しています。

20141104-180-5©flickr/Roberto Maxwell

「角屋」。中に入ってみると一面に水がはってあり、水の中に光の作品が浮かんでいます。200年ほど前に建てられた家屋を修復したものです。

20141104-180-8©flickr/Telstar Logistics

「護王神社」。島の小高いところにある神社。本殿にあがる階段がガラスで作られています。

20141104-180-9©flickr/Wendy Tanner

20141104-180-10©flickr/chocogato

「石橋」。製塩業で栄えた石橋家に千住博氏の「ザ・フォールズ」などを展示しています。

20141104-180-23©flickr/Ecazi

「南寺」。安藤忠雄氏の設計。光を使った作品で有名なジェームズ・タレル氏の作品を展示しています。

南寺©flickr/jasewong

直島が誇る「美術館エリア」

アートの島「直島」が誇る美術館が立ち並びぶエリアです。

こちらは、「ベネッセハウスミュージアム」。美術館とホテルが一体となった複合施設です。

20141104-180-18©flickr/skrytebane

20141104-180-19©flickr/kome

20141104-180-17©flickr/iskandr

「地中美術館」。直島の景観を損なわないよう、建物が地中に埋設された美術館です。

20141104-180-20©flickr/Forgemind ArchiMedia

20141104-180-22©flickr/wonderwonderword

「黄色いかぼちゃ」。こちらも草間彌生氏の作品で「赤いかぼちゃ」と並び、直島のシンボルになっています。

20141104-180-26©flickr/cotaro70s

20141104-180-4©flickr/kirainet

芸術の秋にアートな島「直島」で思いっきり芸術に浸るなんて、いかがでしょうか?

MEMO

名称 直島(なおしま)/香川県
TEL 087-892-2299(直島町観光協会)
HP ベネッセアートサイト直島

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る