アイルランド屈指のパワースポット!謎の古代遺跡『ニューグレンジ』

0

ニューグレンジ(Newgrange)

5000年以上前に造られたといわれる古代遺跡「ニューグレンジ」。ダブリンから北へ約50km、アイルランドの北東部に位置し、アイルランドを代表する世界遺産、アイルランド屈指のパワースポットとして知られています。

20150326-326-1©wiki/Quartz1

 ケルト伝承では、妖精たちが使うこの世への出入り口だと信じられてきました。実際には埋葬や宗教的な儀式が行われた場所など諸説あるようですが、謎が多いようです。

20150326-326-18©flickr/Daniel Langhammer

20150326-326-4©flickr/Shelley & Dave

直径約80メートル、高さ約12メートルの巨大なハート形をしており、入り口や外壁の巨石には渦巻き模様が刻まれています。渦巻き模様が何を表すのかも今だ解明されていないようです。

20150326-326-13©flickr/evocateur

20150326-326-6©flickr/Mike Rawlins

20150326-326-16©flickr/Mondayne

20150326-326-12©flickr/evocateur

遺跡の周囲には、ストーンサークルや石を積み上げた石室など先史時代の建造物が残されています。

20150326-326-11©flickr/@bastique

20150326-326-15©flickr/Dave Keeshan

20150326-326-22©flickr/Blaine Horrocks

見学はビジターセンターのツアーで

ニューグレンジの見学は、ビジターセンターからツアーがあり、遺跡の内部に入ることができます。内部は撮影禁止ですので、こちらの写真はビジターセンターの模型です。

20150326-326-9©flickr/Cleta Ernst

20150326-326-10©flickr/Cleta Ernst

冬至前後の数日間のみ、入り口上部の穴から夜明けとともに太陽の光が注ぎ込み、奥の石室を数分間だけ照らすよう綿密に設計されているそうです。なんとも神秘的ですね。

20150326-326-19©flickr/TechnoHippyBiker

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る