美味い大分名物を食べてって!大分県の名物ご当地グルメ15選

0

大分の名物といえば、何を思い浮かべるでしょうか?大分には、豊後水道の豊富な海の幸を生かした郷土料理や、地元の素材を使ったご当地B級グルメ、大分県民にお馴染みのお菓子など、大分自慢の美味しい名物が盛りだくさん!今回は、大分県の名物ご当地グルメを15個、ご紹介します。

大分名物を食べる!伝統の郷土料理

1. りゅうきゅう

photo by ツーリズムおおいた

「りゅうきゅう」とは、サバ・アジ・ブリなどの旬の魚の切り身を醤油ダレに漬け込み、薬味をかけていただく郷土料理。もともと、漁師たちが船の上でまかない飯として食べていたもの。名前の由来は、琉球の漁師から調理法が伝えられたという説や、ゴマ料理の利休和え(りきゅうあえ)から名づけられたなど諸説あります。県南エリアの佐伯市や蒲江町では、りゅうきゅうをアツアツのご飯にかけて食べる「あつめし」などの郷土料理も。現在も、大分県民に広く親しまれている郷土料理です。

photo by ツーリズムおおいた

取扱店 二代目与一(大分市)、こつこつ庵(大分市)、○海 (MARUKAI)(佐伯市)、海風館(佐伯市)、道の駅やよい(佐伯市))ほか
HP 二代目与一こつこつ庵○海 、海風館道の駅やよい

 

2. ごまだしうどん

photo by ツーリズムおおいた

「ごまだし」とは、焼いた白身魚をすり潰し、醤油・ゴマ・みりんなどを加えて作った佐伯(さいき)地方の万能調味料。漁師の町・佐伯の漁師家庭で、古くから保存食として作られてきました。「ごまだしうどん」は、茹でたうどんの上に、ごまだしをのせ、お湯を注いで食べる佐伯の郷土料理。魚の旨味とゴマの風味豊かな味わいがたまらない佐伯名物です。

photo by ツーリズムおおいた

取扱店 道の駅やよい(佐伯市)、つね三(佐伯市)、味愉嬉(みゆき)食堂(佐伯市)ほか
HP 道の駅やよいつね三味愉嬉食堂
備考 佐伯ごまだし暖簾会

 

3. 手延べだんご汁

photo by ツーリズムおおいた

「手延べだんご汁」は、地粉をこねて作った団子をヒモ状に伸ばし、季節の野菜とともにいりこダシで煮込んだ味噌仕立ての汁物。戦国武将・大友宗麟(そうりん)が、好物だった鮑(アワビ)の腸に似せて作っただんご汁を大いに気に入ったことから、「鮑腸(ほうちょう)汁」と呼ぶ地域もあるんだとか。野菜なども具沢山で栄養価が高く、寒い時期には、心も体も温まる一品。農林水産省が選定した「郷土料理百選」にも選ばれている大分を代表する家庭料理です。

取扱店 こつこつ庵(大分市)、大納言(大分市)、若妻の店(大分市)ほか
HP こつこつ庵大納言若妻の店

 

4. 吉野 鶏めし

photo by ツーリズムおおいた

「吉野 鶏めし」は、炊きたてのお米に、醤油や酒などで味付けた鶏・ごぼうを混ぜ込んだ大分市吉野地区に伝わる鶏の炊き込みご飯。漫画「美味しんぼ」にも紹介されている吉野地区の郷土料理で、古くから、ハレの日や行事の際に、地元で獲れた米やごぼう、鶏を持ち寄って、その場で炊いて振舞われてきました。1988年に、地域の主婦たちが「吉野鶏めし保存会」を立ち上げ、伝統の味を守り続けています。

取扱店 吉野鶏めし保存会(大分市)ほか
HP 吉野鶏めし保存会
1 2 3 4
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る