美味い岡山名物を食べてって!岡山県の名物ご当地グルメ20選

0

岡山の名物といえば、何を思い浮かべるでしょうか?岡山には、瀬戸内の海の幸を生かした郷土料理や、地元の素材を使ったご当地B級グルメ、岡山県民にお馴染みのお菓子など、岡山自慢の美味しい名物が盛りだくさん!今回は、岡山県の名物ご当地グルメを20個、ご紹介します。

岡山名物を食べる!伝統の郷土料理

1. ばらずし

photo by 岡山県観光連盟

岡山を代表する郷土料理といえば、「ばらずし」です。江戸時代に、備前岡山藩主・池田光政は、倹約令をだして、「一汁一菜」を奨励。その倹約令に対抗した庶民が、寿司飯に色々なものをのせても「一菜」とし、海の幸や旬の野菜を華やかに盛り付けて食べたのが始まりだとされています。現在、岡山では、ハレの日やお祭りなどには欠かせない一品となっています。

photo by 岡山県観光連盟

取扱店 吾妻寿司(岡山駅さんすて南館 2F)、夜寿司(岡山市)、喜怒哀楽(岡山市) ほか
HP 夜寿司喜怒哀楽
備考 岡山県のお寿司屋さん

 

2. ままかりずし

photo by 岡山県観光連盟

「ままかり」とは、一般に「サッパ」と呼ばれるニシン科の小魚のことで、岡山地方では、「近所からママ(ご飯)を借りてまで食べたい美味しさ」から、その名が付いたとされています。「ままかりずし」は、酢漬けにしたままかりを握り寿司や押し寿司にしたもの。農林水産省が選定した「農山漁村の郷土料理百選」に、ばらずしとともに選ばれています。

photo by 岡山県観光連盟

取扱店 吾妻寿司(岡山駅さんすて南館 2F)、福寿司(岡山市)、浜吉(倉敷市)ほか
HP 吾妻寿司福寿司浜吉

 

3. サワラ料理

photo by 岡山県観光連盟

岡山を代表する海の幸といえば、鰆(さわら)です。鰆は、春になると産卵のため、瀬戸内海へと入り、冬になると外洋へと出ていきます。岡山県では、鰆の白子や真子を食べる文化があり、県民には身近な魚として親しまれています。郷土料理のばらずしやさわらのこうこずしには、欠かせない素材で、鮮度の良いまま刺身やタタキにして食べたり、塩焼きにしたり。岡山県では、様々な鰆料理が楽しめます。

photo by 岡山県観光連盟

取扱店 竹浜(岡山市)、居酒屋もりもと(岡山市)、岡山料理専門店 cooking of art Ikiya(岡山市)
HP 竹浜居酒屋もりもと岡山料理専門店 cooking of art Ikiya

 

4. たこめし

photo by 岡山県観光連盟

倉敷市下津井(しもつい)地区で獲れる「下津井ダコ」は、体長60cmもの大きなタコで、プリっとした歯ごたえと深みのある旨味が特徴です。「一年のうち、おいしくない時期は三日だけ」と言われるほど、1年中楽しめる素材で、下津井エリアで冬に見られる干しダコは、冬の風物詩となっています。「タコめし」は、そんなタコの町・下津井で生まれた郷土料理です。かつて、漁師が船の上で、獲ったばかりのタコを調理して食べたのが始まりとされています。一般的には、ボイルしたタコの刺身を用いますが、下津井では、生のタコをブツ切りにして、醤油や酒、砂糖などの調味料とともに炊き込んで作られる下津井名物です。

取扱店 美観地区 多幸半(倉敷市)、冨來屋本舗(倉敷市)、元祖たこ料理 保乃家(倉敷市)
HP 美観地区 多幸半冨來屋本舗元祖たこ料理 保乃家
1 2 3 4 5
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る