もらって嬉しい!大阪高島屋でおすすめ人気お土産5選

0

南海電鉄や地下鉄御堂筋線なんば駅に直結する大阪を代表する百貨店「大阪高島屋」。大阪ミナミのランドマークとして親しまれ、開業以来、大阪らしいライフスタイルを提案し続けています。豊富な品揃えを誇るデパ地下には、大阪で人気のスイーツや大阪発の有名和菓子など、バラエティ豊かなお土産がそろっています。今回は、大阪高島屋で買えるおすすめの人気お土産を5個、ご紹介します。

お土産におすすめ!大阪高島屋で人気の洋菓子・話題のスイーツ

1. 大阪花ラング 「大阪花ラング」

photo by prtimes.jp

「大阪花ラング」は、大阪の老舗菓子店「あみだ池大黒」が展開する新ブランド。看板商品の「大阪花ラング」は、花びらを広げた、お花の形の可愛いラングドシャ。スイス産発酵バターをたっぷり使用したラングドシャ生地の上に、大阪生まれのハチミツ香る滑らかなクリームとドライフルーツをトッピングして仕上げています。大阪土産の新定番として注目されているお菓子です。

photo by osaka-hanalangue.com

取扱店 pon pon Japon 高島屋大阪店
電話 06-6631-1101(代表)
営業時間 10:00~20:00 不定休(髙島屋大阪店に準ずる)
商品 大阪花ラング: (税込)648円(4個入)、(税込)1,080円(8個入)、(税込)1,620円(12個入)
HP 大阪花ラング

 

2. Good Morning Table(グッドモーニングテーブル) ジャージーミルクバーガー

photo by prtimes.jp

「Good Morning Table(グッドモーニングテーブル) 」は、「北海道の美味しい」をテーマに、北海道の素材をふんだんに使用したお菓子を販売するスイーツブランド。「ジャージーミルクバーガー」は、濃厚なミルクジャムを入れた特製バタークリームを、チェダーチーズ入りのブッセ生地でサンドした一品。ミルクジャムは、北海道・十勝産のジャージーミルクを使い、時間をかけて丁寧に作られたもの。お店で人気の生クリームバーガーを焼菓子に仕立てたもので、手土産にも喜ばれる商品です。

photo by prtimes.jp

取扱店 グッドモーニングテーブル大阪髙島屋店
電話 06-6631-1101(代表)
営業時間 10:00~20:00 不定休(髙島屋大阪店に準ずる)
商品 ジャージーミルクバーガー: (税込)1,188円(4個入)、(税込)2,268円(8個入)、(税込)3,370円(12個入)
HP Good Morning Table(グッドモーニングテーブル)

 

3. EkChuah(エクチュア) 「塩チョコ」

photo by ek-chuah.co.jp

「EkChuah(エクチュア)」は、1986年に大阪・心斎橋に創業したチョコレート専門店。日本の気候・風土の中で、日本人にあった本格派のチョコレートスイーツを提供しています。「塩チョコ」は、ベルギー産クーベルチュールチョコレートに、室戸の天然塩をトッピングした人気商品です。塩が、チョコレートの美味しさを引き立て、口の中でスッと溶けていきます。ミルクとビターの2種類があり、2つの味わいが楽しめるペアセットも人気です。

photo by ek-chuah.co.jp

取扱店 エクチュア 大阪タカシマヤ店
電話 06-6632-9075
営業時間 10:00~20:00 不定休(髙島屋大阪店に準ずる)
商品 塩チョコ ミルク/ビター: (税込)各1,080円(50g)、塩チョコ ペアセット: (税込)2,160円(ミルク50g/ビター50g)
HP EkChuah(エクチュア)

 

お土産の定番!大阪高島屋で人気の和菓子

4. 中島大祥堂 「いもくり」

photo by nakajimataishodo-shop.jp

「いもくり」は、丹波栗を丁寧に裏ごしし、鳴門金時芋を絶妙にブレンドして、しっとりと焼き上げた人気商品。丹波栗と鳴門金時芋をふんだんに使用しているため、それぞれの甘み、ほっくり感が楽しめます。洋酒やスパイス、香料は不使用なので、小さなお子様からご年配の方まで安心していただけるのも魅力!栗をモチーフにしたパッケージもお土産に喜ばれそう!

photo by nakajimataishodo-shop.jp

取扱店 中島大祥堂 髙島屋大阪店
電話 06-6631-1101(代表)
営業時間 10:00~20:00 不定休(髙島屋大阪店に準ずる)
商品 いもくり: (税込)702円(3個入)、(税込)1,404円(6個入)、(税込)2,700円(12個入)
HP 中島大祥堂
1 2
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る