癒しの温泉宿!大鰐温泉でおすすめの人気旅館5選

0

青森県津軽地方の南端、大鰐町に湧く「大鰐温泉」。800年以上の歴史を持つ古湯で、藩政時代には、津軽藩主の御殿湯も置かれ、津軽の奥座敷として古くから親しまれてきました。大鰐町の中心街を流れる平川沿いに老舗旅館やホテル、共同浴場などが点在。古き良き温泉風情を残す人気の温泉地です。今回は、大鰐温泉でおすすめの人気旅館を5つ、ご紹介します。

1. 大鰐温泉 不二やホテル

photo by fujiya-hotel.net

photo by fujiya-hotel.net

photo by fujiya-hotel.net

photo by fujiya-hotel.net

創業1925年の老舗温泉ホテル「不二やホテル」。滝の流れる日本庭園は見事。玄関前にあるギャラリーには、仏像や屏風絵、陶磁器などが展示され、まるで美術館のようです。客室は、7.5畳、10畳、12畳の和室と、和洋折衷の和洋室を用意。料理は、青森ならではの旬の食材を使用し、郷土の味覚を堪能できる和食膳。温泉は、大岩を配した大露天風呂と、大きな窓が開放的な大浴場で、源泉かけ流しの湯を楽しむことができます。

名称 大鰐温泉 不二やホテル(ふじやほてる)
住所 青森県南津軽郡大鰐町蔵館川原田63
電話 0172-48-3221
HP 不二やホテル
地図 Googleマップ

 

不二やホテル 宿泊プラン

『不二やホテル』⇒ じゃらん 『不二やホテル』⇒ るるぶ 『不二やホテル』⇒ ゆこゆこ

 

 

2. 星野リゾート 界 津軽

photo by kai-ryokan.jp

photo by kai-ryokan.jp

photo by kai-ryokan.jp

photo by kai-ryokan.jp

大鰐温泉街から少し離れた小高い丘に佇む「星野リゾート 界 津軽」。2019年4月にリニューアルオープン。津軽文化と四季を感じさせるモダンな癒し宿です。客室は、和室、洋室、リビング付きなど5タイプ。いずれも青森の伝統工芸「津軽こぎん刺し」を感じるお部屋となっています。温泉は、樹齢2000年の古代檜の湯殿で湯あみを。料理は、大間のマグロや鮑、とげくり蟹など、青森の贅沢食材を使い、津軽の食文化を意識して作られた会席料理を味わうことができます。

名称 星野リゾート 界 津軽(ほしのりぞーと かい つがる)
住所 青森県南津軽郡大鰐町大字大鰐上牡丹森36-1
電話 050-3786-0099
HP 星野リゾート 界 津軽
地図 Googleマップ

 

星野リゾート 界 津軽 宿泊プラン

『星野リゾート 界 津軽』⇒ じゃらん

 

 

 

3. 大鰐温泉 ヤマニ仙遊館

photo by senyukan.com

photo by senyukan.com

photo by senyukan.com

photo by senyukan.com

明治5年創業の温泉宿「ヤマニ仙遊館」。本館・土蔵とも明治30年頃の建築で、大鰐町内に現存する最も古い旅館建築です。客室は、太宰治も滞在した国の登録有形文化財に指定されている貴重なお部屋など、全11室。料理は、地元の素材を使った郷土料理。お風呂は、タイル貼りのシンプルな湯船ですが、源泉かけ流しの上質なお湯を楽しむことができます。

名称 大鰐温泉 ヤマニ仙遊館(やまにせんゆうかん)
住所 青森県南津軽郡大鰐町蔵館村岡47-1
電話 0172-48-3171
HP ヤマニ仙遊館
地図 Googleマップ

 

ヤマニ仙遊館 宿泊プラン

『ヤマニ仙遊館』⇒ じゃらん

 

 

 

4. 正観湯温泉旅館

photo by 正観湯温泉旅館

photo by facebook/shoukantou

photo by facebook/shoukantou

アットホームな雰囲気が心地よい「正観湯温泉旅館」。ビジネス客や観光客はもちろん、ライダー大歓迎の宿として、リピーターが多い人気の宿です。客室は、シンプルながら落ち着ける和室。食事は、青森の旬の食材を使った手作りの田舎料理。好きなお酒や飲み物の持ち込みもOKなのも◎です。温泉は、ヒバの丸太がそびえる浴場で、源泉かけ流しの新鮮な湯を楽しむことができます。

名称 正観湯温泉旅館(しょうかんとうおんせんりょかん)
住所 青森県南津軽郡大鰐町長峰字九十九森135-1
電話 0172-48-3000
HP 正観湯温泉旅館
地図 Googleマップ

 

正観湯温泉旅館 宿泊プラン

『正観湯温泉旅館』⇒ じゃらん

 

 

 

1 2
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る