天に向かってそびえ立つ聖なる礼拝堂。フランスの『サン・ミシェル・デグイル礼拝堂』

0

サン・ミシェル・デグイル礼拝堂(Chapelle Saint-Michel d’Aiguilhe)

フランス中南部、オーヴェルニュの山々に囲まれたオート・ロワール県にある街「ル・ピュィ・アン・ヴレ」。この街でひと際目を引く岩山の上に「サン・ミシェル・デグイル礼拝堂」は建てられています。

20150715-435-4©flickr/Serge LAROCHE

962年に立てられた「サン・ミシェル・デグイル礼拝堂」は、ヨーロッパにある数多の礼拝堂の中でも特に異彩を放ち、その神秘的で圧倒的な存在感は、時を越えて巡礼者たちを魅了し続けています。

20150715-435-6©flickr/Peter Stevens

Chapel on the Rock©flickr/Mike Rowe

「フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」の一部として世界遺産にも登録されています。

Saint Michel d'Aiguilhe©flickr/Mike Rowe

天に向かって突き出るようにそびえ立つ礼拝堂からは、赤い屋根が連なる中世の街並みを見渡すことができます。

Le Puy-en-Velay©flickr/Mike Rowe

礼拝堂の中に入ると

268段の階段を上ってたどり着く礼拝堂の正門には、細やかな彫刻が施され、幾何学模様のように赤、白、黒の石で装飾されています。

20150715-435-12©flickr/Holly Hayes

20150715-435-1©flickr/Brigitte Djajasasmita

礼拝堂の内部はこのような感じ。

20150715-435-2©flickr/Brigitte Djajasasmita

壁や天井には見事なフレスコ画が描かれ、厳かな雰囲気が漂っています。

20150715-435-8©flickr/Holly Hayes

20150715-435-7©flickr/Holly Hayes

20150715-435-14©flickr/Konrad Hädener

岩山のそびえる街の全景を遠くから眺めるのも良し、礼拝堂に登って街並みを望むのも良し!神秘的で圧倒的なその姿を一度は見てみたいものです。

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る