癒しの温泉宿!瀬見温泉でおすすめの人気旅館4選

0

山形県の北東部、最上町に湧く「瀬見温泉」。開湯800年。源義経一行が平泉を目指した際に、弁慶が岩を砕き見つけた温泉を、義経の子に産湯として使わせたとの伝説が残る、義経・弁慶ゆかりの温泉地。清流・小国川沿いに長閑な温泉街が広がり、昔ながらの湯治場の風情を今に残しています。床下に温泉を流し蒸気で蒸す「ふかし湯」は瀬見温泉名物です。今回は、瀬見温泉でおすすめの人気旅館を4つ、ご紹介します。

1. 四季の宿 まごろく

photo by yado-magoroku.com

photo by yado-magoroku.com

photo by yado-magoroku.com

photo by yado-magoroku.com

一日9組限定の温泉宿「四季の宿 まごろく」。素朴な雰囲気が心地よい人気のお宿です。客室は、和の設えが落ち着く純和室。料理は、米の娘ぶたのしゃぶしゃぶや山形牛の刺身、旬菜の天ぷらなど、山形の味覚を楽しめる和食膳。温泉は、4階にある展望風呂で、四季を彩る山々の景色を楽しみながら、源泉かけ流しの新鮮な湯を堪能できます。

名称 四季の宿 まごろく
住所 山形県最上郡最上町大字大堀1001
電話 0233-42-2031
HP 四季の宿 まごろく
地図 Googleマップ

 

四季の宿 まごろく 宿泊プラン

『四季の宿 まごろく』⇒ じゃらん

 

 

 

2. ゆめみの宿 観松館

photo by kansyokan.co.jp

photo by kansyokan.co.jp

photo by kansyokan.co.jp

photo by kansyokan.co.jp

慶応3年創業の老舗旅館「ゆめみの宿 観松館」。天皇、皇后両陛下もご宿泊された名宿です。客室は、一般和室をはじめ、掘りごたつ付き和室、桧や陶器の露天風呂付き和洋室、皇室の方々もご宿泊された貴賓室など多彩。料理は、滋味あふれる美味しい食材を使った月替わりの創作和食。温泉は、広々とした大浴場や、庭園を望む露天風呂で、源泉かけ流しの天然温泉を楽しむことができます。

名称 ゆめみの宿 観松館(かんしょうかん)
住所 山形県最上郡最上町大字大堀987
電話 0233-42-2311
HP ゆめみの宿 観松館
地図 Googleマップ

 

ゆめみの宿 観松館 宿泊プラン

『ゆめみの宿 観松館』⇒ じゃらん 『ゆめみの宿 観松館』⇒ るるぶ 『ゆめみの宿 観松館』⇒ 一休

 

 

3. 瀬見温泉 旅館 小川屋

photo by semi-ogawaya.jp

photo by semi-ogawaya.jp

photo by semi-ogawaya.jp

photo by semi-ogawaya.jp

一日7組限定の小宿「旅館 小川屋」。温かいおもてなしが評判の温泉宿です。客室は、6畳から12畳の落ち着いた雰囲気の和室。山形牛や米の娘ぶたなど、山形のブランド肉をメインに、山形の山海の幸を盛り込んだ郷土料理。温泉は、大浴場と小浴場、のんびりと入れる貸切風呂で、源泉かけ流しの贅沢なお湯を楽しむことができます。

名称 瀬見温泉 旅館 小川屋(りょかんおがわや)
住所 山形県最上郡最上町大字大堀990
電話 0233-42-2411
HP 旅館 小川屋
地図 Googleマップ

 

旅館 小川屋 宿泊プラン

『旅館 小川屋』⇒ じゃらん

 

 

 

4. 瀬見温泉 喜至楼

photo by kishirou.com

photo by kishirou.com

photo by kishirou.com

photo by kishirou.com

江戸安政年間創業の老舗旅館「喜至楼」。建物は、山形県で現存する最古の旅館建築物と言われ、館内の装飾品や建具、彫刻などは貴重なものばかりで、まるで博物館のような雰囲気。客室は、歴史を感じさせる和室。食事は、天然の松原あゆや山形牛、山菜やきのこなど、地元の厳選素材を使った山形の郷土料理を味わえます。温泉は、ローマ式千人風呂やオランダ風呂、岩風呂など多彩なお風呂で、湯めぐりを楽しむことができます。

名称 瀬見温泉 喜至楼(きしろう)
住所 山形県最上郡最上町大字大堀988
電話 0233-42-2011
HP 喜至楼
地図 Googleマップ

 

瀬見温泉 喜至楼 宿泊プラン

『喜至楼』⇒ じゃらん 『喜至楼』⇒ るるぶ

 

 

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る