もらって嬉しい!四国でおすすめの人気お土産15選

0

10. ハレルヤ製菓 「金長まんじゅう」

photo by facebook/hallelujah.sweet

「金長まんじゅう」は、チョコレートの生地で白餡を包み込んだお饅頭。ほろ苦いチョコレートの生地とあっさり仕上げた白餡が絶妙なバランスで、発売から80年以上も徳島県民に愛され続けているロングセラー商品です。徳島に伝わる「阿波狸合戦」の伝説に登場する金長狸をイメージしたお菓子で、徳島土産の定番の商品です。

取扱店 ハレルヤスイーツキッチン、いも畑店・クレメント店(J徳島駅クレメントビル内)の直営店舗、徳島物産協会、キョーエイ各店舗、徳島阿波おどり空港売店、徳島県物産館、フジグラン北島店、マルナカの一部店舗、四国エリアのサービスエリアほか
商品 金長まんじゅう: (税込)108円(1個)、(税込)540円(5個入)、(税込)1,188円(10個入)、(税込)1,782円(15個入)
HP ハレルヤ製菓

 

11. 小男鹿本舗 冨士屋 「小男鹿(さおしか)」

photo by saoshika.co.jp

徳島銘菓「小男鹿(さおしか)」は、うるち米に山芋、小豆を加え、伝統の製法で練り上げたものを蒸した風味豊かなお菓子。もっちり、しっとりとした食感で、口どけの良さが特徴です。阿波特産の和三盆糖を使用することで、上品な甘さに仕上げた老舗の逸品で、徳島では、贈答品や手土産のほか、茶席のお菓子としても使われています。

photo by saoshika.co.jp

取扱店 本店(徳島市)、徳島駅前店、そごう徳島店、阿南店(阿南市駅前通)、高松店の直営店舗、徳島阿波おどり空港ほか
商品 小男鹿(さおしか): (税込)2,060円(1本)
HP 小男鹿本舗 冨士屋

 

12. 日之出本店 「ぶどう饅頭」

photo by facebook/budoumanju

「ぶどう饅頭」は、阿波徳島の名物として100年余りもの間、親しまれているぶどう色のお饅頭。徳島の霊峰・剣山の武道信仰にちなみ、日之出本店の創業者が「武道」と「葡萄」をかけて考案したもの。隠し味に自家製餡に練乳を加えたぶどう色の餡玉に、小麦粉と馬鈴薯でんぷんをまぶし、蒸し上げています。1口サイズのぶどう饅頭が5つ串にさしてあり、お団子のような愛らしい形をしています。昔から変わらぬ懐かしい味わいが、長い間、徳島県民に支持される人気商品です。

photo by facebook/budoumanju

取扱店 日之出本店(美馬市)、おみやげ一番館(J徳島駅クレメントビル内)、徳島県内マルナカ・キョーエイ・フジグラン(一部店舗除く)、ゆめタウン徳島、阿波踊り会館、伊予鉄会館、南海フェリー、吉野川オアシス、上板SA(上下線)ほか
商品 ぶどう饅頭: (税込)702円(6本入)、 (税込)1,188円(10本入)
HP 日之出本店 

 

高知土産の定番!高知県の人気銘菓

13. 青柳 「土左日記」

photo by facebook/tosa.aoyagi

「土左日記」は、柔らかいお餅の中にこし餡を入れ、独自製法で仕上げたそぼろをまぶしたお菓子。発売から60年以上も親しまれている高知土産の定番です。平安時代を代表する歌人・紀貫之(きのつらゆき)が土佐の国司に任命され、船出から帰京までをつづった「土佐日記」を偲んで作られたお菓子です。1口サイズで食べやすく、高知では、幅広い層から支持される人気の銘菓です。

取扱店 本店(高知市)、イオン高知店ほか直営店舗、高知龍馬空港売店、JR高知駅売店、県内土産店、道の駅、SAほか
商品 土左日記: (税込)540円(6個入)、(税込)755円(10個入)、(税込)1,080円(15個入)
HP 青柳

 

14. 浜幸 「かんざし」

photo by facebook/okashi.hamako

「かんざし」は、「ぼんさんかんざし買うをみた…」と唄われる高知よさこい節にちなんだ高知を代表する銘菓。ふんわり焼き上げた生地の表面には、赤いかんざしが描かれ、柚子風味の白餡が中に包まれています。 純信とお馬のほろ苦い恋物語を甘酸っぱい柚子の風味で表現したホイル焼きのお菓子で、年間350万個も販売する高知土産の定番です!パッケージのイラストは、「黄桜」のカッパの絵でお馴染みの清水崑氏が描き下ろしたものが採用されています。

photo by facebook/okashi.hamako

取扱店 はりまや本店、土佐店、安芸店ほか直営店舗、高知龍馬空港売店、JR高知駅売店、県内土産店、道の駅、SAほか
商品 かんざし: (税込)648円(6個入)、(税込)1,080円(11個入)、(税込)2,160円(22個入)
HP 浜幸
1 2 3 4
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る