絶対おすすめ!修善寺で人気のお土産ランキングTOP12

0

8. カメヤ 「極上 わさび漬」

20160923-825-15-shuzenji-omiyagephoto by kameya-foods.co.jp

伊豆のわさび屋さんといえば「カメヤ」さんですね。修善寺店は、有名老舗旅館・新井旅館の前にあるお土産処「甘泉楼(かんせんろう)」内にあります。「極上 わさび漬」は、天城山麓の自社のわさび沢で育てたわさびの中でも、特に良質なものを厳選して作ったもの。わさびのピリリとした辛みと風味がたまらない逸品です。

取扱店 (修善寺亀屋)静岡県伊豆市修善寺968-3
電話 (修善寺亀屋)0558-73-2330
営業時間 (修善寺亀屋)10:00~17:00 水曜日定休
商品 極上 わさび漬:(税込)1,080円(120g)
HP カメヤ

 

7. 舞寿し 「武士のあじ寿司」

20160923-825-13-shuzenji-omiyagephoto by maizushi.jp

伊豆箱根鉄道・修善寺駅構内にある「舞寿し」は、伊豆の素材を中心に使用した駅弁が人気のお店です。修善寺名物となっている「武士のあじ寿司」は、伊豆近海で獲れた新鮮なアジをはじめ、天城の生ワサビ、伊豆松崎産の桜葉など、伊豆の素材にとことんこだわったお寿司。修善寺駅限定の商品なので、修善寺を訪れた際にいかがでしょうか?

取扱店 (舞寿し)静岡県伊豆市柏久保625-6
電話 (舞寿し)0558-72-2416
営業時間 (舞寿し)9:00~16:00 水曜日定休
商品 武士のあじ寿司: (税込)1,296円
HP 舞寿し

 

6. 伊豆十三夜 「黒米大福」

20160923-825-11-shuzenji-omiyagephoto by doi-seika.co.jp

修善寺特産の黒米は、ビタミンやタンパク質を多く含む健康食品として知られ、修善寺一帯では、主に薬膳として食されています。「黒米大福」は、黒米を餅生地に練り込み、北海道産小豆をじっくり炊いたつぶ餡を包み込んだもの。やわらかいお餅と上品な甘さの餡がたっぷり入っていて、大満足の大福です。

取扱店 (伊豆十三夜)静岡県伊豆市修善寺983
電話 (伊豆十三夜)090-9954-3588
営業時間 (伊豆十三夜)10:00~17:00 不定休
商品 黒米大福
HP 伊豆十三夜

 

5. 間瀬 「伊豆乃踊子」

20160923-825-9-shuzenji-omiyagephoto by rakuten.co.jp

明治5年創業の「間瀬(ませ)」は、熱海に本店を構える老舗和菓子店。伊豆銘菓と知られる「伊豆乃踊子」は、川端康成の名作「伊豆の踊子」にちなんだもの。自家製の白餡の中に、芳ばしいクルミを入れて、サブレ生地で包み込んだ焼菓子で、お子様からお年寄りまで幅広く喜ばれる商品です。

取扱店 伊豆箱根鉄道駿豆線 イズーラ修善寺(修善寺駅売店)
電話 0558-73-2188
営業時間 9:30~18:00
商品 伊豆乃踊子:(税込)777円(7個入)、(税込)1,080円(10個入)
HP 間瀬

 

4. きのこ家本店 「どんこ」

20160923-825-8-shuzenji-omiyage 20160923-825-7-shuzenji-omiyagephoto by kinoko-shop.com

椎茸栽培発祥の地と伝えられている伊豆・天城地方は、年間降雨量が多く、温暖な気候と土壌の良さが椎茸の生育に適しており、古くから、椎茸の生産が盛んでした。全国椎茸品評会で、最高賞を最多受賞している伊豆産椎茸は、肉厚で、質・味ともに最高ランクです。特に、「どんこ」と呼ばれる傘部がつぼんだ状態の椎茸は、旨味たっぷりで絶品。生しいたけは、2月~4月までが美味しいとされていますが、乾椎茸も旨味が凝縮していておススメです。「きのこ家本店」は、伊豆産椎茸の専門店なので、種類豊富なラインナップから選ぶことができますよ。

取扱店 (きのこ家本店)静岡県伊豆市本立野285-1
電話 (きのこ家本店)0558-72-0405
営業時間 (きのこ家本店)9:00~18:00 土日祝日定休
商品 どんこ
HP きのこ家本店
1 2 3
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る