栃木の旨い名物が食べたい!栃木県の名物ご当地グルメ13選

0

栃木の名物といえば、何を思い浮かべるでしょうか?栃木には、地元の素材を生かした郷土料理や、誰もが知るご当地B級グルメ、栃木県民にお馴染みのお菓子など、栃木自慢の美味しい名物が盛りだくさん!今回は、栃木県の名物ご当地グルメを13個、ご紹介します。

栃木名物を食べる!伝統の郷土料理

1. とちぎ和牛料理

photo by 栃木県観光物産協会

「とちぎ和牛」は、県内で育てられた黒毛和牛のうち、A・B4等級以上の最高級黒毛和牛を言います。サシが美しく入った霜降り肉は、キメの細かい肉質ととろけるような甘み・旨味が特徴で、全国の品評会でも、度々、1位に輝いています。県内では、ステーキや焼き肉はもちろん、和洋中さまざまな料理で、絶品のとちぎ和牛が堪能できます。お肉好きの方は、必食のグルメです!

photo by 栃木県観光物産協会

取扱店 ステーキハウス寿楽 本店(那須町)、あ・かうはーど (那須町)、肉のふきあげ(栃木市)ほか
HP ステーキハウス寿楽あ・かうはーど肉のふきあげ

 

2. 日光湯波料理

photo by 栃木県観光物産協会

中国から仏教とともに日本に伝わった「ゆば」。日光にゆばの製法が伝わったのは、山岳信仰が盛んに行われていた鎌倉時代と言われており、ゆばは、修行僧たちの貴重なタンパク源として食されてきました。京都で「湯葉」と書きますが、日光では「湯波」と書きます。製法にも違いがあり、京都では、豆乳を加熱してできる薄い膜を1枚引き上げて作るのに対し、日光では、膜の中央に串を入れて2つ折にして引き上げて作られます。日光市内には、湯波懐石から食べ歩きにも最適な湯波グルメやスイーツまで、さまざまな湯波料理を提供するお店が数多くあります。日光を訪れた際に、名物の湯波を堪能してみてはいかがでしょうか?

photo by 栃木県観光物産協会

取扱店 日光ゆば遊膳(日光市)、割烹 恵比寿家(日光市)、さん・フィールド(日光市)ほか
HP 日光ゆば遊膳割烹 恵比寿家さん・フィールド

 

3. しもつかれ

photo by 栃木県広報課

「しもつかれ」は、鬼おろしと呼ばれる木製のおろし器具でおろした大根・人参と塩鮭の頭、大豆、酒粕を醤油ベースで煮込んだ料理。大豆は、節分で煎ったものを使い、旧暦の2月初午(はつうま)の日に、無病息災を祈って作られてきた伝統の家庭料理です。江戸時代中期の天明の飢饉の頃、稲荷神社にお供えしたのが始まりと伝えられています。農林水産省が選定した「郷土料理百選」に紹介されている栃木を代表する郷土料理です。

取扱店 道の駅うつのみやろまんちっく村(宇都宮市)、太郎庵(栃木市)、道の駅ばとう(那珂川町)ほか
HP 道の駅うつのみやろまんちっく村太郎庵道の駅ばとう

 

4. 温泉とらふぐ

photo by 栃木県観光物産協会

「温泉とらふぐ」とは、塩分を含む温泉水で養殖したとらふぐのこと。海のない栃木で食べられる那珂川町の新名物です。平成20年度から廃校になった小学校のスイミングプールを活用して養殖が行われ、現在では、約3000尾のトラフグが飼育されています。温泉水には、旨味成分(遊離アミノ酸)が豊富に含まれているため、天然のとらふぐよりも甘みが強く、歯ごたえの良さが楽しめます。町内の飲食店や旅館では、ふぐ刺しやてっちり、唐揚げなど、様々なフグ料理を提供しています。

取扱店 元湯東屋(那珂川町)、みづ乃(那珂川町)、御前岩物産センター(那珂川町)ほか
HP 元湯東みづ乃御前岩物産センター
1 2 3
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る