鶴岡の観光におすすめ43選。定番スポットから人気イベントまで!

0

25. いでは文化記念館

20160422-686-84-tsuruoka-kankophoto by 山形県

出羽三山の歴史や羽黒修験道の特徴をわかりやすく紹介する記念館です。館内には、法衣や法螺貝などが展示され、山伏修行の様子を立体的に映し出す「滝の劇場」では、修行の臨場感を感じることができます。

名称 いでは文化記念館
住所 山形県鶴岡市羽黒町手向字院主南72
電話 0235-62-4727
営業時間 4月~11月:9時~16時30分、12月~3月:9時30分~16時
料金 大人:400円、高校・大学生:300円、小・中学生:200円
定休日 火曜日(但し7月・8月は無休)、年末年始(12月29日~1月3日)
アクセス 庄内あさひICから車で約30分
地図 Googleマップ

 

26. 田麦俣多層民家(旧遠藤家住宅)

20160422-686-30-tsuruoka-kankophoto by 山形県

多層民家とは、江戸時代後期に建てられた4層構造の木造建築で、田麦俣地方における独特の建築様式。雪深く土地も狭いことから建物の増築が困難なため、生活場所と養蚕の部屋が一つの建物の中にまとめられ、多層の形になったと言われています。

20160422-686-31-tsuruoka-kankophoto by 山形県

名称 田麦俣多層民家(旧遠藤家住宅)
住所 山形県鶴岡市田麦俣字七ツ滝139
電話 0235-54-6103(民宿かやぶき屋)
営業時間 9時~17時
料金 小・中学生:200円、高校生以上:300円
定休日 毎週月曜日、12月29日~1月3日
アクセス 月山ICより車で約40分/庄内あさひICより車で約20分
地図 Googleマップ

 

 27. 湯殿山総本寺大日坊

20160422-686-10-tsuruoka-kankophoto by 庄内観光コンベンション協会

大同2年(807)弘法大師により開創された湯殿山の総本寺です。霊場・湯殿山は雪深く女人禁制であったため、皆が参拝できるように建立されたと伝えられています。本堂には、真如海上人の即身仏、国指定重要文化財の釈迦如来(金剛仏)が安置されています。また、徳川将軍家の祈願寺として春日局が参詣した寺としても知られています。

20160422-686-27-tsuruoka-kankophoto by 庄内観光コンベンション協会

名称 湯殿山総本寺大日坊
住所 山形県鶴岡市大網入道11
電話 0235-54-6301
営業時間 8時~17時
料金  大人:500円 、小学生:300円
HP 湯殿山総本寺大日坊
アクセス 月山ICから車で約40分/庄内あさひICから車で約15分
地図 Googleマップ

 

28. 湯殿山注連寺

20160422-686-25-tsuruoka-kankophoto by 山形県

天長10年(833)弘法大師が開基したといわれる古刹。本堂には、鉄門海上人の即身仏が安置され、毎年5月8日には鉄門海上人大祭が行われ多くの参拝者が訪れます。また、森敦の小説「月山」の舞台としても知られており、境内には森敦文学碑が建てられています。

20160422-686-26-tsuruoka-kankophoto by 山形県

名称 湯殿山注連寺
住所 山形県鶴岡市大網字中台92-1
電話 0235-54-6536
営業時間 5月~10月:8時~17時、11月~4月:9時~16時
料金 大人:500円、小学生:300円
HP 湯殿山注連寺
アクセス 庄内あさひICから車で約15分/月山ICから車で約40分
地図 Googleマップ

 

29. 湯殿山

20160422-686-28-tsuruoka-kankophoto by 庄内観光コンベンション協会

出羽三山の奥の院とも呼ばれ、月山・羽黒山で修行を積んだ行者がここで仏の境地に至るとして、三山の中で最も神秘性の高い場所として知られています。中腹の渓流のほとりに湯殿山神社が鎮座。湯の湧き出る茶褐色の巨岩が御神体で、古来御神体については他言が禁じられていました。現在も撮影禁止、参拝は土足厳禁という厳しい戒めで知られています。

名称 湯殿山
住所 山形県鶴岡市田麦俣字六十里山
電話 0235-54-6133
営業時間 4月下旬~11月上旬
定休日 冬期閉山:11月上旬~4月下旬
HP 出羽三山神社
アクセス 鶴岡駅からバス、湯殿山下車、連絡バスに乗り換え5分
地図 Googleマップ

 

30. 月山あさひ博物村

20160422-686-71-tsuruoka-kankophoto by 山形県

大自然に囲まれた道の駅月山を中心に、月山ワインなどが楽しめる「山ぶどう研究所」、朝日ゆかりの文学・芸術を紹介する「文化創造館」、四季折々の自然に親しめる「古の里」など様々な施設が揃う観光スポットです。

名称 月山あさひ博物村
住所 山形県鶴岡市越中山名平3-1
電話 0235-53-3411
営業時間 9時~17時 ※施設によって異なる
HP 月山あさひ博物村
アクセス 庄内あさひICから車で約10分/月山ICから車で約30分
地図 Googleマップ
1 2 3 4 5 6 7 8
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る