鶴岡の観光におすすめ43選。定番スポットから人気イベントまで!

0

鶴岡のご当地グルメもどうぞ

37. ただちゃ豆

20160422-686-81-tsuruoka-kankophoto by 庄内観光コンベンション協会

鶴岡の名産といえば「ただちゃ豆」は外せません。独特の香りと深みのある甘さが特徴的な枝豆で、江戸時代から鶴岡で大切に守り伝えてきた味は、「枝豆の王様」と言われるほどの逸品。夏には収穫体験も。

 収穫体験についてはこちら(JA鶴岡)

38. どんがら汁(寒ダラ汁)

20160422-686-80-tsuruoka-kankophoto by 山形県

どんがら汁(寒ダラ汁)は鶴岡地方に伝わる郷土料理で、日本海で獲れた寒ダラを身も内蔵も豪快に使った冬の鍋料理です。岩のりとネギなどの野菜とともに、内臓の「脂ワタ」を入れて煮込むとコクと旨味が増し、深みのある味わいを楽しむことができます。

鶴岡の伝統の祭りや季節のイベント

39. 荘内大祭

20160422-686-43-tsuruoka-kankophoto by 庄内観光コンベンション協会

明治10年に荘内神社の創建を記念として、旧藩主を慕う市民によって始められたお祭り。毎年8月13日~15日の3日間に及ぶ祭りで、1日目に神事や伝統芸能「黒川能」の奉納、2日目に鎧武者の甲冑列など総勢約500名が奉仕する「荘内藩伝承大名行列」、3日目に締めくくりの儀式が行われ、城下町・鶴岡を代表する伝統行事となっています。

名称 荘内大祭
日程 毎年8月13日~8月15日
会場 山形県鶴岡市馬場町
HP 荘内神社 

 

40. 赤川花火大会

20160422-686-45-tsuruoka-kankophoto by 庄内観光コンベンション協会

毎年8月中旬に開催される「赤川花火大会」。全国花火デザイン競技会であるこの花火大会では、全国選りすぐりの花火師達が渾身の尺玉で真夏の夜空を舞台に競い合います。大玉の20号玉を含む約12000発が、全長2kmに渡る打ち上げ場所をフルに活用してダイナミックに打ち上げられます。夜空一面を大輪の花々が覆い尽くす様は必見です。

20160422-686-46-tsuruoka-kankophoto by 庄内観光コンベンション協会

名称 赤川花火大会
日程 毎年8月中旬 19時15分~
会場 山形県鶴岡市伊勢原町 赤川河川敷
料金 有料席あり
HP 赤川花火大会実行委員会

 

41. 松例祭

20160422-686-52-tsuruoka-kankophoto by 鶴岡市観光連盟

毎年大晦日から元旦にかけて行われる羽黒山の代表的な火祭り「松例祭」。100日間参籠した2人の山伏がどちらが神意にかなったかを競い合う「験競べ」が催されます。大晦日昼頃から元旦未明にかけて様々の神事が行われ、新年の豊作豊漁、除災招福を祈願し、新年には火の打替え神事で新しい火を迎え、祭りが終了します。

20160422-686-51-tsuruoka-kankophoto by 山形県

名称 松例祭
日程 毎年12月31日~1月1日
会場 山形県山形市鶴岡市羽黒町 羽黒山山頂
HP 出羽三山神社

 

42. 日本海寒鱈まつり

20160422-686-7-tsuruoka-kankophoto by 庄内観光コンベンション協会

「寒鱈汁」(どんがら汁)は庄内地方に伝わる郷土料理で、日本海で獲れた寒ダラを身も内蔵も豪快に使った冬の鍋料理です。毎年1月中旬に開催される「日本海寒鱈まつり」には、この寒鱈汁を求めて県内外から毎年約2万人が押し寄せます。会場では鶴岡の特産品や冬の味覚が集結し、寒い冬を熱く盛り上げる鶴岡のビックイベントです。

名称 日本海寒鱈まつり
日程  毎年1月中旬
会場  山形県鶴岡市本町2丁目 鶴岡銀座商店街 特設会場
HP 鶴岡市観光連盟
1 2 3 4 5 6 7 8
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る