言葉を失う圧倒的な迫力!エジプトの古代遺跡『アブ・シンベル神殿』

0

アブ・シンベル神殿(Abu Simbel temples)

エジプトのカイロから南へ1180Km、アスワンからさらに南へ280kmのところにある古代遺跡「アブ・シンベル神殿」。紀元前1300年頃に当時の王・ラムセス2世によって建造された神殿で、世界遺産誕生のきっかけとなった古代遺跡です。

20150618-406-19©flickr/Dennis Jarvis

大小2つの神殿からなる岩窟神殿

アブ・シンベル神殿は岩山をくり抜いて造られた大小2つ、ラメセス2世が自らの為に建造した「アブシンベル大神殿」と王妃ネフェルタリの為に建造した「アブシンベル小神殿」からなる巨大な遺跡です。

20150618-406-20©flickr/Ye Wang

アブ・シンベル大神殿の入口には高さ約20mの4体のラムセス2世の巨像が刻まれています。左から自身の若い頃から順に年代別に並べられています。

20150618-406-8©flickr/David Berkowitz

20150618-406-13©flickr/Paul Nendick

20150618-406-1©flickr/Saulo Alvarado Mateos

20150618-406-15©flickr/Toni Rayo

大神殿内部、大列柱室にはラムセス2世のオシリス像が並んでいます。

20150618-406-2©flickr/Dennis Jarvis

大列柱室の壁には、戦闘場面などの壁画が描かれています。

20150618-406-17©flickr/T.CSH

20150618-406-16©flickr/T.CSH

最奥部には、神格化したラムセス2世と3体の神々の座像が並んでおり、毎年2月22日頃と10月22日頃に朝日が差し込み、神々が照らされるように計算されているそうです。

20150618-406-18©flickr/Dennis Jarvis

こちらは、アブ・シンベル小神殿。入口には6体の巨像が刻まれていて、両端と真ん中の4体がラムセス2世、それに挟まれる形で2体の王妃ネフェルタリの像が鎮座しています。

20150618-406-10©flickr/Dennis Jarvis

20150618-406-22©flickr/Laura Cuttier

この神殿が発見されたのが、今から僅か200年ほど前のこと。1813年にスイスの探検家ルードヴィッヒ・ブルクハルトに発見されるまで、およそ3000年もの間、この巨大な遺跡は砂漠に埋もれていたことになります。エジプトの歴史の深さには驚くばかりです。

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る