秋田市の観光におすすめ33選。定番スポットから人気イベントまで!

0

秋田市観光に便利な循環バス

24. 中心市街地循環バス「ぐるる」

20160524-710-9-akita-shi-kankophoto by wikipedia

秋田市の観光には、100円バス「ぐるる」が便利です。市内の主要スポットを巡るバスで、当日に限り何回でも乗り降り自由な一日乗車券も300円で販売されていますので、秋田市観光にぜひご利用ください。

 中心市街地循環バス(愛称 ぐるる)

秋田市のご当地グルメや工芸品もどうぞ

25. 秋田かやき

20160524-710-1-akita-shi-kankophoto by 秋田県観光連盟

「かやき」とは「貝焼き」が訛った言葉で、漁師が大きな貝殻に野菜、魚介類を入れて煮込んだのが始まりだと言われています。現在では一人鍋のことを指し、1年を通じて旬の野菜や魚介類などを入れて楽しむのが秋田流です。

 秋田かやき(秋田商工会議所)

26. 秋田銀線細工

20160524-710-42-akita-shi-kankophoto by 秋田県企画振興部

江戸時代初め、秋田藩主佐竹公が藩内の銀山で産出される銀の加工産業を奨励したことから、秋田の銀線細工が盛んになりました。当時は武具や装飾品が作られていましたが、現在ではペンダント・ブローチなどのアクセサリーや置物、額縁などが製作されています。1mm以下の純銀線を手作業で加工して、1つ1つ作られる作品は職人の高い技術が必要とされています。

 秋田銀線細工(秋田県産業労働部)

秋田市の伝統の祭りや季節のイベント

27. 秋田竿燈まつり

20160524-710-43-akita-shi-kankophoto by 秋田市竿燈まつり実行委員会

秋田の文化風俗を伝える行事として約250年の歴史を誇る伝統のお祭りです。約12m(大若)の竹竿に46個の堤灯を下げた重さ50キロもの竿燈を手、額、肩、腰などで支え、妙技を競います。無数の竿燈の光が夜空を華麗に彩る秋田を代表する夏祭りです。

20160524-710-44-akita-shi-kankophoto by 秋田市竿燈まつり実行委員会

名称 秋田竿燈まつり
日程 毎年8月3日~8月6日
会場 秋田県秋田市 竿燈大通り、エリアなかいちにぎわい広場
HP 秋田竿燈まつり

 

28. 千秋公園桜まつり

20160524-710-15-akita-shi-kankophoto by 秋田県観光連盟

秋田藩主・佐竹氏の居城であった久保田城跡に整備された千秋公園で開催される桜まつり。樹齢約110年のソメイヨシノをはじめ、約800本の桜が咲き誇ります。千秋公園は、桜の名所100選の一つにも数えられています。

20160524-710-16-akita-shi-kankophoto by 秋田市

名称 千秋公園桜まつり
日程 毎年4月中旬~4月下旬
会場 秋田県秋田市千秋公園1-1

 

29. 太平山三吉神社 三吉ぼんでん祭

20160524-710-11-akita-shi-kankophoto by 太平山三吉神社総本宮

色鮮やかな布で飾った梵天を先を争って奉納する豪快なまつり。一番乗りするとその年の幸運を授かるといわれており、威勢よく先陣を競いもみあう様は「喧嘩ぼんでん」の異名を持ちます。毎年数万人の参拝客で賑わいます。

20160524-710-10-akita-shi-kankophoto by 太平山三吉神社総本宮

名称 太平山三吉神社 三吉ぼんでん祭
日程 毎年1月17日
会場 秋田県秋田市広面赤沼3-2 太平山三吉神社
HP 太平山三吉神社総本宮
1 2 3 4 5 6
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る