秋田に行ったら絶対買いたい!秋田県でおすすめ人気お土産20選

0

15. 三浦米太郎商店 「ハタハタ切り寿し」

photo by hatahata-akita.com

「ハタハタ寿し」はハタハタ漁が盛んな秋田の郷土料理で、酢漬けにしたハタハタに紫のりやカブ、人参などの野菜を入れて、米や糀、ふのりとともに漬け込んだものです。地域によって独自の伝統製法があり、秋田の正月料理にはかかせない一品となっています。

photo by hatahata-akita.com

取扱店 にかほ市本店、秋田空港おみやげ広場 あ・え~るほか
商品 ハタハタ切り寿し: (税込)1,296円(200g)~
HP 三浦米太郎商店 

 

16. 雄勝野きむらや 「いぶりがっこ」

20160610-731-31-akita-omiyagephoto by iburigakko.com

「いぶりがっこ」は、大根を囲炉裏の上に吊るして燻した秋田の代表的な漬物で、晴れ間が少ない秋田の冬の保存食として作られたのが始まりといわれています。「いぶし小屋」内でナラや桜などの木を使って3日~4日間燻して乾燥させた後、糀や塩などで作った米糠床に2~3か月程漬け込みます。「いぶりがっこ」は歯ごたえのある食感と、噛めば噛むほど口の中に広がるスモークの香りが特徴です。「雄勝野きむらや」のいぶりがっこは、マツコの知らない世界などテレビで紹介されるほどの人気商品です。

取扱店 湯沢市本店、秋田駅ビル トピコ、秋田空港おみやげ広場 あ・え~るほか
商品 いぶりがっこ: (税込)630円(短切り3本入)、(税込)820円(大サイズ1本入)
HP 雄勝野きむらや

 

17. 藤春食堂 「横手やきそば」

20160610-731-33-akita-omiyagephoto by 食べログ/mmt 

2009年のB-1グランプリで見事グランプリを受賞し、全国的な知名度をもつ秋田のご当地グルメ「横手焼きそば」。キャベツと豚ひき肉に太めの麺によく合うウスターソースで仕上げ、焼きそばの上に目玉焼きをのせ、福神漬けを添えるのが特徴です。2007年から開催されている「四天王決定戦」で、何度も四天王に輝いている藤春食堂。創業70年の老舗店の味をご自宅でいかがですか?

取扱店 秋田空港おみやげ広場 あ・え~る、にかほ陣屋ほか
商品 横手やきそば:(税込)1,008円(4人前)

 

18. 諸井醸造所 「秋田しょっつるハタハタ100%」

20160610-731-35-akita-omiyagephoto by shottsuru.jp

「しょっつる」とは、ハタハタやイワシなどで作った魚醤のこと。秋田ではハタハタや野菜とともにしょっつるを加えて作る「しょっつる鍋」が有名ですが、しょっつるはどんな料理にもアレンジ可能な万能調味料です。諸井醸造所のしょっつるの原料はハタハタと天日塩のみ。「秋田しょっつるハタハタ100%」は3年間の熟成期間を経て、ハタハタの旨味が凝縮してできた1本です。

取扱店 秋田駅ビル トピコ(本田物産内)、秋田空港ANA FESTA、あきた県産品プラザほか
商品 秋田しょっつるハタハタ100%:(税込)432円(50mlスプレータイプ)、(税込)756円(130g瓶)
HP 諸井醸造所

 

19. 三高水産 「ぎばさ」

20160610-731-38-akita-omiyagephoto by sanko.akita.jp

秋田県民の健康食として、メディアでも話題の「ぎばさ」。正式名称は「アカモク」という海藻で、食物繊維がたくさん入ったネバネバ、トロトロの海藻です。三高水産の「ぎばさ」は秋田県男鹿半島で獲れた新鮮なもので、そのまま醤油やポン酢をかけても、お味噌汁やラーメンに入れても美味しくいただけます。美と健康に良いといわれる「ぎばさ」は、お土産に是非買って帰りたいですね。

取扱店 あきた県産品プラザほか
商品 ぎばさ: (税込)389円(200g)
HP 三高水産
1 2 3 4 5
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る