青森の旨い名物が食べたい!青森県の名物ご当地グルメ13選

0

青森の名物といえば、何を思い浮かべるでしょうか?3つの海に囲まれた青森には、豊富な海の幸を生かした郷土料理や、地元の素材を使ったご当地B級グルメ、青森県民にお馴染みのお菓子など、青森自慢の美味しい名物が盛りだくさん!今回は、青森県の名物ご当地グルメを13個、ご紹介します。

青森名物を食べる!伝統の郷土料理

1. いちご煮

photo by 青森県観光連盟

「いちご煮」とは、ウニやアワビが入った贅沢な潮汁。古くから八戸市を中心とする県南地方で食されてきた郷土料理です。お椀に盛りつけたウニが野イチゴに見えたことから、その名がつけられたと言われています。その昔、漁師達が冷えた体を温めるために、獲ってきたばかりのウニやアワビなどを豪快に煮付けて食べていた浜料理がルーツとされており、現在でも、ハレの日には欠かせない料理となっています。農林水産省が選定した「郷土料理百選」に、せんべい汁とともに紹介されている青森県を代表する郷土料理です。

取扱店 民宿食堂 はまゆう(階上町)、青森自慢料理 ほこるや(八戸市)、割烹さんりく(八戸市)ほか
HP 民宿食堂 はまゆう青森自慢料理 ほこるや割烹さんりく

 

2. せんべい汁

photo by 青森県観光連盟

「せんべい汁」は、肉や魚、野菜などでとったダシを醤油などで味付けし、南部せんべいを割り入れて煮込んだ八戸地方の郷土料理。江戸時代後期頃から、八戸を含む南部地方では、独自の麦・蕎麦食文化が生まれ、麦(蕎麦)せんべいをそのまま食べるだけでなく、具沢山の汁物にちぎって入れて食していました。それが、せんべい汁のルーツと言われています。現在のせんべいは、鍋用に開発したもので、煮込んでも溶けにくく、美味しいダシをたっぷりと含むと、モチモチとした独特の食感になるのが特徴です。

取扱店 みなと食堂(八戸市)、いちば亭(八戸市)、いかめしや烹鱗(八戸市)ほか
HP いちば亭いかめしや烹鱗
備考 八戸せんべい汁研究所

 

3. 貝焼き味噌

photo by 青森県観光連盟

「ホタテ貝焼き味噌」は、大きなホタテの貝殻を鍋として使い、だし汁にホタテ、卵、長ネギなどを入れて味噌で味付けした津軽・下北地方の郷土料理です。 江戸時代に、陸奥湾の漁師が鍋代わりにホタテ貝の貝殻を使用し、ホタテや地元の食材などを入れて味噌仕立てで煮込み、溶き卵でとじて食べたのが始まりと言われています。卵が貴重だった時代、風邪をひいたり、体調がすぐれない時に一般家庭で作られていた栄養食で、青森県出身の小説家・太宰治も好んで食べていたと伝えられています。

取扱店 津軽じょっぱり漁屋酒場 青森本町店(青森市)、みちのく料理 西むら(青森市)、津軽衆(弘前市)ほか
HP 津軽じょっぱり漁屋酒場みちのく料理 西むら

 

4. じゃっぱ汁

photo by 青森県観光連盟

「じゃっぱ汁」は、青森の冬を代表する魚・鱈(タラ)を余すことなく使った鍋料理です。「じゃっぱ」とは、青森の方言で雑把(ざっぱ)という意味。「じゃっぱ汁」は、通常は捨てられてしまう魚のアラや頭、内臓を含め、タラを丸ごと野菜などと煮込み、塩や味噌で味付けした郷土料理です。栄養価が高く、寒い冬に心身ともに温まるということから、家庭でも人気の定番料理となっています。

取扱店 お食事処おさない(青森市)、みちのく料理 西むら(青森市)、かまど炊きごはんの津軽旨米屋(弘前市)ほか
HP お食事処おさないみちのく料理 西むらかまど炊きごはんの津軽旨米屋
1 2 3
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る