もらって嬉しい!旭川でおすすめの人気お土産15選

0

北海道のほぼ中央に位置する旭川。北海道の最高峰・旭岳を望む雄大な自然、旭山動物園や雪の美術館などの観光スポットを多く抱え、美瑛や富良野へのアクセスも便利な人気のエリアです。ゆっくり観光を楽しんだ後は、お土産選びですね。旭川には、定番の旭川銘菓や人気のスイーツ、旭川名物「旭川ラーメン」「塩ホルモン」などのご当地グルメまで、バラエティ豊かなお土産が揃っています。今回は、旭川でおすすめの人気お土産を15個、ご紹介します。

お土産の定番!旭川で人気の和洋菓子

1. 壺屋総本店 「き花」

photo by tsuboya.net

「壺屋総本店」は、北海道・旭川で70年以上の歴史を誇る老舗菓子店です。看板商品の「き花」は、ダイヤモンドダストをイメージしたお菓子で、北海道を代表する銘菓として知られています。ホワイトチョコレートをサクサク食感が楽しいアーモンドガレットでサンド。モンドセレクションで金賞を29年連続で受賞した逸品です。ホワイトチョコのほか、いちご、ショコラ、ワサビ、焦がしキャラメルのフレーバーがあります。また、旭山動物園売店限定で、人気動物が描かれたパッケージのき花も人気があります。

photo by tsuboya.net

取扱店 なゝ花窓館、き花の杜、イトーヨーカドー旭川店、イオン旭川春光店、ルミネ東光店の直営店舗、旭川空港ほか
商品 き花: (税込)1,000円(6枚入)、(税込)1,500円(9枚入)、(税込)2,000円(12枚入)
HP 壺屋総本店

 

2. エチュード洋菓子店 「お昼ねプリン」

photo by facebook/etudesweets

「エチュード洋菓子店」は、旭川に2店舗をかまえる人気パティスリー。お店で人気No.1のスイーツが、可愛いひよこが描かれた瓶に入った「お昼ねプリン」。2006年に「プリンの殿堂」で1位に輝いた実力派のプリンです。東旭川産の卵や牛乳など北海道の厳選した材料をふんだんに使用し、卵の濃厚でコクのある味わいが楽しめる極上のプリンです。

取扱店 (本店)北海道旭川市旭町1条9丁目689番地23 (東光店)北海道旭川市東光1条5丁目2-17
電話 (本店)0166-54-7899 (東光店)0166-76-1585
営業時間 (本店)10:00~19:00 水曜日定休 (東光店)10:00~19:00 水曜日定休
商品 お昼ねプリン: (税込)1,283円(4個入)、(税込)1,925円(6個入)
HP エチュード洋菓子店

 

3. The Sun 蔵人 「蔵生(くらなま)」

photo by robakashitsukasa.co.jp

「The Sun 蔵人」は、旭川・神楽岡公園沿いにある美しいプラタナス並木に本店をかまえる菓子工房&カフェ。北海道の素材にこだわったオリジナルスイーツが人気です。「蔵生(くらなま)」は、ほんのりビターな生チョコを、北海道産小麦粉とビートグラニュー糖を使用したバターサブレで包み込んだソフトタイプのサブレ。ホワイトチョコや美瑛産ハスカップなど、数種類のフレーバーやプチサイズもあって、旭川土産に大変人気があります。

取扱店 (本店)北海道旭川市神楽岡8条1丁目 (旭川駅店)北海道旭川市宮前通西4153番地1 ほか直営店舗、旭川空港の売店など
電話 (本店)0166-66-3961 (旭川駅店)0166-21-8822
営業時間 (本店)8:00~19:00 (旭川駅店)7:30~18:30
商品 蔵生: (税込)540円(4枚入)、(税込)810円(6枚入)、(税込)1,350円(10枚入)
HP The Sun 蔵人

 

4. 山口油屋福太郎 「ほがじゃ」

photo by hogaja.com

「ほがじゃ」は、北海道土産の新定番と注目されるお菓子。北海道産のじゃがいもをベースに、北海道の畑や海の幸がたっぷり入ったお煎餅です。大きな「ほ」の字が描かれたひと際目を引くパッケージが印象的で、ほたて、えび、こんぶの3種類のフレーバ―が楽しめます。

photo by hogaja.com

取扱店 旭川空港BLUE SKY、ポイント7ほか
商品 ほがじゃ ホタテ/えび: (税込)各648円(2枚×8袋入)、(税込)各1,296円(2枚×16袋入)、ほがじゃ 3種のアソート(ほたて・えび・こんぶ): (税込)1,188円(3種各4袋)
HP 山口油屋福太郎
1 2 3 4
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る