映画「未知との遭遇」の舞台。大草原にそびえ立つ『デビルズ・タワー』

0

デビルズ・タワー(Devils Tower)

アメリカ・ワイオミング州の北東部、ロッキー山脈の間に広がるに広大な草原に悠然とそびえ立つ「デビルズ・タワー」。米国初のナショナル・モニュメントに指定された高さ約400mの巨岩です。

20141128-206-9©flickr/g cobb

20141128-206-12©flickr/delphine vezmar.

マグマによって出来た火成岩で、表面は溶岩が冷えて固まるときに起こる柱状節理という現象により、垂直方向に筋が入っています。

20141128-206-17©flickr/Originalrocket

ここは、1977年のスティーブン・スピルバーグ監督の映画「未知との遭遇」で宇宙船が降り立つ場所として一躍注目を集めた有名な場所なんです。

20141128-206-8©flickr/wenzday01

世界中のロッククライマー憧れの場所

ほぼ垂直の険しい岩場なため、世界中のロッククライマー憧れの場所でもあります。

20141128-206-10©flickr/Originalrocket

垂直の壁にへばりつくロッククライマー達。凄いです。

Rockclimbers on Devils Tower©flickr/Ron Schott

Devils Tower Climbers©flickr/hayespdx

20141128-206-11©flickr/craterdweller

美しい星空

デビルズ・タワーの周辺は街明かりがなく、美しい星空も魅力の一つです。

20141128-206-5©flickr/David Kingham

「未知との遭遇」のシーンを彷彿とさせる光景ですね。キレイです。

20141128-206-2©flickr/David Kingham

20141128-206-1©flickr/David Kingham

 いかがですか?大草原に悠然とそびえ立つ巨岩とそこに勇敢に挑むロッククライマー達、そして美しい星空。一度は訪れてみたいスポットです。

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る