愛媛の旨い名物が食べたい!愛媛県の名物ご当地グルメ12選

0

5. いもたき

photo by 愛媛県観光物産協会

「いもたき」とは、里芋をメインに、鶏肉やこんにゃく、シイタケなどを煮込んだ、大洲市に藩政時代から伝わる郷土料理です。もともと、秋に行われる「お籠もり」と呼ばれる伝統行事で、地元住民が名産の里芋を河原に持ち寄り、鍋を囲んで食べていたと言われています。現在でも、河原で鍋を囲むいもたきのイベントなども開催され、愛媛の中秋の風物詩になっています。

取扱店 よねざわ(大洲市)、むらや(大洲市)、小にし(大洲市)ほか
HP むらや

 

愛媛のソウルフード!愛媛名物のご当地グルメ

6. 八幡浜(やわたはま)ちゃんぽん

photo by city.yawatahama.ehime.jp

「八幡浜(やわたはま)ちゃんぽん」は、鶏ガラ・魚介だしベースのあっさりスープに、太めの中華麺を合わせ、たっぷりの野菜・豚肉などの具材をのせたご当地ちゃんぽん。愛媛県西端に位置する港町・八幡浜で、ソウルフードとして親しまれてきました。八幡浜の特産でもあるじゃこ天や蒲鉾などが、具材に使われているのも特徴です。現在、市内の中華料理店や食堂、居酒屋など40店舗以上で提供されています。

取扱店 丸山ちゃんぽん(八幡浜市)、ちゃんぽん亭イーグル(八幡浜市)、ロンドン(八幡浜市)ほか
HP ちゃんぽん亭イーグルロンドン 
備考 八幡浜市

 

7. 今治焼豚玉子飯

photo by facebook/今治地方観光協会

「今治焼豚玉子飯」は、温かいご飯の上に、スライスした焼き豚をのせ、半熟の目玉焼きをトッピングした後、甘辛いタレをかけていただく今治のB級グルメ。今から、50年ほど前に、市内にあった中華料理店のまかない料理として生まれたもの。旨い・安い・早い・ボリューム満点なことから、現在では、市内の60店舗ほどで提供されている人気メニューです。各店で、自家製の焼き豚や玉子の焼き具合、タレの味付けなど、特徴があるので、食べ比べしてみるのも楽しいですね!

取扱店 白楽天(今治市)、重松飯店(今治市)、白龍(今治市)ほか
HP 白楽天白龍
備考 今治焼豚玉子飯 世界普及委員会

 

8. 三津浜焼き

photo by 松山市 観光・国際交流課

「三津浜焼き」は、松山市・三津浜地区周辺で提供されているお好み焼き。三津浜特産のちくわと魚のけずり粉を入れ、半月状に二つ折にするのが大きな特徴です。もともと、大正時代に、水で溶いた小麦粉を焼いてネギなどをのせ、ソースをかけて出していた「一銭洋食」が、三津浜焼きのルーツとなったと言われています。クレープ状に焼いた生地の上に、そばやうどんをのせ、キャベツ、ちくわ、天かすなどの具材をのせていきます。歴史溢れる港町・三津浜地区には、人情味あふれるお好み焼き屋さんが点在しています。街歩きしながら、お気に入りのお店を探してみるのもいいですね!

取扱店 お好み焼 日の出(松山市)、お好み焼みよし (松山市)、ひよこ(松山市)ほか
HP ひよこ
備考 三津浜焼き推進プロジェクト

 

9. 揚げ足鳥

photo by 愛媛県観光物産協会

「揚げ足鳥」は、骨付きの鶏もも肉をガーリックパウダーなどで下味を付け、油で豪快に揚げた鶏料理。四国中央市周辺の焼き鳥店や居酒屋で提供されているご当地グルメです。昭和30年代に、小さな屋台で食べられていたのをきっかけに、市内に浸透していったんだどか。生キャベツを添えて提供されることが多く、ビールのお供に最高!皮はパリパリで、中はジューシーに仕上げた一品で、ニンニクの風味が食欲をそそります。

取扱店 伊予万里(四国中央市)、天領(四国中央市)、鳥栄(四国中央市)ほか
1 2 3
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る