福井駅の駅弁ならコレ!福井駅でおすすめの人気駅弁5選

0

駅弁は、列車で旅する楽しみのひとつですね!車窓を眺めながら食べる駅弁は、美味しさも格別!福井駅には、福井の美味しいものや福井の特産品を盛り込んだバラエティ豊かな駅弁が揃っています。今回は、福井駅でおすすめの人気駅弁を5個、ご紹介します。

1. 番匠本店 「越前かにめし」

photo by banjyo.jp

「番匠本店」は、明治35年(1902年)創業の老舗。看板商品の「越前かにめし」は、赤いカニの形の容器を開けると、カニの身がご飯が見えないくらいに、ぎっしり敷き詰められた全国的にも有名なお弁当です。カニ味噌などを一緒に炊き込んだご飯の上に、ズワイガニや紅ずわいがにの身をたっぷりのせています。昭和36年(1961年)の発売以来、福井を代表する駅弁として知られるロングセラー商品です。

取扱店 福井駅番匠ホーム店(駅上りホーム)、福井駅弁店(駅コンコース)、福井駅番匠プリズム店、福井駅桜むすびプリズム店
営業時間 (福井駅番匠ホーム店)6:30~20:00 (福井駅弁店)8:50~18:30 (福井駅番匠/桜むすびプリズム店) 7:30~20:00
商品 越前かにめし: (税込)1,300円
お品書き かにめし、味付けかに、など
HP 番匠本店

 

2. 若廣 「焼き鯖すし」

photo by wakahiro.jp

福井県若狭周辺は、古くからサバなどの海の幸に恵まれ、若狭から京都まで、多くの海産物を運んでいたと伝えられています。若狭の伝統的な食文化から生まれた焼き鯖寿司は、福井県を代表する名物!若廣の「焼き鯖すし」は、脂ののったサバを黄金色に焼き上げ、押し寿司に仕立てたもの。酢飯には、福井県産コシヒカリ米を使用し、サバの美味しさを引き立てるように、合わせ酢を独自に配合。また、肉厚な焼きサバと酢飯の間に、大葉とガリをはさみ、味のアクセントに。全国的にも知名度が高い人気商品です。

取扱店 若廣 プリズム福井店
営業時間 8:30 ~ 19:00
商品 焼き鯖すし: (税込)1,188円
お品書き 焼き鯖すし
HP 若廣

 

3. 番匠本店 「黄金のウニ・かに合戦」

photo by banjyo.jp

「黄金のウニ・かに合戦」は、カニの身とウニ、いくらが散りばめられた豪華なお弁当。黄金色のカニをモチーフにした容器に入っています。日本三大珍味の1つに数えられる塩ウニで炊いたご飯の上に、丁寧にほぐしたカニの身と蒸しウニを敷き詰め、いくらを贅沢にトッピング。キラキラと輝く宝石箱のようなお弁当です。

取扱店 福井駅番匠ホーム店(駅上りホーム)、福井駅弁店(駅コンコース)、福井駅番匠プリズム店、福井駅桜むすびプリズム店
営業時間 (福井駅番匠ホーム店)6:30~20:00 (福井駅弁店)8:50~18:30 (福井駅番匠/桜むすびプリズム店) 7:30~20:00
商品 黄金のウニ・かに合戦: (税込)1,400円
お品書き うにめし、紅ズワイガニ、ズワイガニ、蒸し雲丹、いくら、など
HP 番匠本店

 

4. 番匠本店 「ままごっつお」

photo by banjyo.jp

福井県奥越地方の方言で、「まま」はご飯、「ごっつお」はご馳走という意味。「ままごっつお」は、地元の素材や名物をたっぷり詰めこんだ、番匠本店こだわりの幕の内弁当です。幕の内弁当定番の玉子焼き、蒲鉾、焼き魚に加え、煮物や天ぷら、笹寿司など、海の幸・山の幸がふんだんに盛り込まれています。見た目にも華やかで、色々なおかずを楽しみたい方におススメの駅弁です。

取扱店 福井駅番匠ホーム店(駅上りホーム)、福井駅弁店(駅コンコース)、福井駅番匠プリズム店、福井駅桜むすびプリズム店
営業時間 (福井駅番匠ホーム店)6:30~20:00 (福井駅弁店)8:50~18:30 (福井駅番匠/桜むすびプリズム店) 7:30~20:00
商品 ままごっつお: (税込)1,050円
お品書き 白飯、梅干し、玉子焼き、蒲鉾、人参・昆布等の煮物、焼き鮭、海老・かぼちゃ等の天ぷら、鶏煮、笹寿司、切り干し大根、三色豆煮、シュウマイ、など
HP 番匠本店
1 2
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る