福山駅の駅弁ならコレ!福山駅でおすすめの人気駅弁5選

0

駅弁は、列車で旅する楽しみのひとつですね!車窓を眺めながら食べる駅弁は、美味しさも格別!福山駅には、広島の美味しいものや福山の特産品を盛り込んだバラエティ豊かな駅弁が揃っています。今回は、福山駅でおすすめの人気駅弁を5個、ご紹介します。

1. 浜吉 「元祖珍辨(ちんべん) たこめし」

photo by hamakichi.ekiben.or.jp

「浜吉」は、明治23年に創業。広島県南部の三原市を拠点とする老舗のお弁当屋さん。「元祖珍辨(ちんべん) たこめし」は、瀬戸内の郷土料理をもとに作られた駅弁で、元祖たこめしとして、発売開始から60年以上も愛され続けているロングセラー商品です。細かく刻んだタコの身入りのタコ飯の上に、柔らかく煮込んだタコの旨煮をメインに、うずらの卵、エビ、椎茸などの具材が彩良く詰められています。8本足のタコにちなんで、八角形の容器入り。愛くるしいタコの陶器入りのものもあります。

photo by hamakichi.ekiben.or.jp

取扱店 浜吉1号店(在来線改札前)、浜吉2号店(在来線改札内)、浜吉3号店(福山駅新幹線上りホーム)、浜吉さんすて福山店
商品 元祖珍辨 たこめし: (税込)1,030円、元祖たこめし「陶器製」: (税込)1,000円
お品書き 味付けご飯、タコの旨煮、錦糸卵、うずらの卵、味付け海老、味付けたけのこ、椎茸旨煮、柴漬けなど
HP 浜吉

 

2. 浜吉 「あなごあいのせ重」

photo by hamakichi.ekiben.or.jp

「あなごあいのせ重」は、関東風の煮穴子、関西風の焼穴子の2つの食べ方が楽しめる穴子重です。穴子のアラで炊いて、穴子の旨味が詰まったご飯の上に、2種類の穴子がご飯が見えないほど、ぎっしり敷き詰められています。関東風・関西風のどちらがお好みか、食べ比べしてみるのもいいですね!

取扱店 浜吉1号店(在来線改札前)、浜吉2号店(在来線改札内)、浜吉3号店(福山駅新幹線上りホーム)、浜吉さんすて福山店
商品 あなごあいのせ重: (税込)1,150円
お品書き 味付けご飯、焼き穴子、煮穴子、漬物など
HP 浜吉

 

3. 浜吉 「福山ばら寿司」

photo by hamakichi.ekiben.or.jp

「福山ばら寿司」は、バラの街「福山」にちなんだお弁当。赤を基調に、バラの切り絵がほどこされたデザインのパッケージがひと際目を引きます。バラ園をイメージしたちらし寿司で、酢締めした小鯛を中央に配し、錦糸卵やいくら、レンコンなどを散りばめた華やかな一品。福山ならではの駅弁です。

取扱店 浜吉1号店(在来線改札前)、浜吉2号店(在来線改札内)、浜吉3号店(福山駅新幹線上りホーム)、浜吉さんすて福山店
商品 福山ばら寿司: (税込)1,150円
お品書き 酢飯、小鯛の酢漬け、いくら、錦糸卵、椎茸、菜の花、レンコン、焼き穴子、ガリなど
HP 浜吉

 

4. 浜吉 「広島の味覚 かきめし」

photo by hamakichi.ekiben.or.jp

「広島の味覚 かきめし」は、広島の冬の味覚「牡蠣」のうま煮が主役の冬季限定の駅弁です。広島産の中でも大ぶりな牡蠣を使用。牡蠣本来の美味しさを生かした味付けで仕上げています。牡蠣のうま煮の下の昆布の佃煮も味のポイント!椎茸煮やレンコン煮、栗の甘露煮などの付け合わせもシンプルで、全体的にまとまりの良い印象のお弁当です。牡蠣が旬を迎える10月下旬から3月中旬までの期間限定商品となっています。

取扱店 浜吉1号店(在来線改札前)、浜吉2号店(在来線改札内)、浜吉3号店(福山駅新幹線上りホーム)、浜吉さんすて福山店
商品 広島の味覚 かきめし: (税込)1,100円
お品書き 味付けご飯、牡蠣のうま煮、昆布の佃煮、錦糸卵、レンコン煮、栗の甘露煮、椎茸旨煮、漬物など
HP 浜吉
1 2
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る