一生に一度は訪れたい!世界最後の秘境『ギアナ高地』

0

世界最後の秘境『ギアナ高地』

ギアナ高地は南米北部、ベネズエラ、ブラジル、ガイアナなど南米の6つの国と地域にまたがる高地帯です。

20140922-136-1©flickr/mgysler

ギアナ高地の中心に位置するのがベネズエラのカナイマ国立公園。面積は30,000平方km以上(関東地方よりやや狭い)で、そのほとんどが今だ未開拓なため「世界最後の秘境」と呼ばれています。

20140922-136-13©flickr/simonbooth

20140922-136-14©flickr/YasserPic

20140922-136-11©flickr/Hoppy1951

100を超えるテーブル・マウンテン

カナイマ国立公園には、巨大なテーブルのような台地(テーブル・マウンテン)が点在しています。風雨の浸食で硬い地質だけがテーブル状に残ったもので、その標高は高いもので約3000mに及びます。

20140922-136-3©flickr/timsnell

20140922-136-2©flickr/daniderio

20140922-136-20©flickr/Paulo Fassina

標高は高いもので約3000mに及びますが、テーブルマウンテンの上にヘリコプターで行けるツアーなどもあります。テーブルマウンテンの頂上は、下界と隔離されているため、独特の地形、独自の進化を遂げた動植物が生きる、まさに秘境と言える場所です。

20140922-136-16©flickr/gwegner.de

20140922-136-19©flickr/Paulo Fassina

20140922-136-17©flickr/nicholaslaughlin

落差979mのエンジェルフォール

ギアナは「水の国」と言う意味で、その名の通り、いたるところに滝や川が流れています。その中でも一番の見所は、ギアナ高地の中で最も大きいテーブルマウンテン「アウヤンテプイ」から流れ落ちるエンジェルフォールです。

20140922-136-12©flickr/heatherlyone

なんとその落差は約979m!!!落差があまりにも大きいため、水は途中でしぶきとなって消えてしまい滝壺ができないそうです。凄い迫力ですね。

20140922-136-10©flickr/Erik Cleves Kristensen

地球の息吹を感じる圧倒的な存在感、『世界最後の秘境』の名に相応しい場所です。一生に一度は訪れてみたいスポットですね。

MEMO

名称 カナイマ国立公園
HP protectedplanet.net

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る