茨城の旨い名物が食べたい!茨城県の名物ご当地グルメ12選

0

茨城の名物といえば、何を思い浮かべるでしょうか?茨城には、太平洋の海の幸を生かした郷土料理や、地元の素材を使ったご当地B級グルメ、茨城県民にお馴染みのお菓子など、茨城自慢の美味しい名物が盛りだくさん!今回は、茨城県の名物ご当地グルメを12個、ご紹介します。

茨城名物を食べる!伝統の郷土料理

1. あんこう料理

photo by 漫遊いばらき観光キャンペーン推進協議会

茨城の冬の味覚の代表格「あんこう」。見た目はグロテスクながら、捨てるところがないと言われ、「東のアンコウ 西のフグ」と称される高級魚です。古くから、茨城から福島の沿岸部では、あんこう漁が盛んに行われ、様々な調理法で食されてきました。あんこうは、「吊し切り」という独特な方法で、「ひれ、皮、えら、肝(肝臓)、胃袋、ぬの(卵巣)、身」の7つの部位(7つ道具)に切り分けられます。この7つ道具を堪能できる「あんこう鍋」は、茨城の名物鍋として知られています。

photo by 漫遊いばらき観光キャンペーン推進協議会

取扱店 元祖あんこう鍋 山翠(水戸市)、ちゅう心(大洗町)、大浜丸 魚力(北茨城市)ほか
HP 元祖あんこう鍋 山翠ちゅう心大浜丸 魚力

 

2. そぼろ納豆

photo by 漫遊いばらき観光キャンペーン推進協議会

茨城名物といえば、水戸納豆ですね!納豆のルーツは、平安時代頃と伝えられていますが、水戸では、藩政時代から小粒大豆が生産され、庶民の間で納豆が浸透したと言われています。納豆の名産地として、水戸が有名になったのは、明治20年代に鉄道が開通して駅で売られるようになってから。水戸の伝統料理「そぼろ納豆」は、納豆を刻んだ切り干し大根とともに、醤油などで漬け込んだもの。納豆と切り干し大根のポリポリとした食感の違いが楽しめる一品です。現在でも、一般家庭でつくられており、農林水産省が選定した「郷土料理百選」に、あんこう料理とともに紹介されている茨城を代表する郷土料理です。

取扱店 笹沼五郎商店本店(水戸市)、総本舗 水戸納豆 エクセルみなみ店(水戸市)、だるま食品(水戸市)ほか
HP 天狗納豆総本舗 水戸納豆だるま食品

 

3. 常陸牛料理

photo by ibaraki-shokusai.net

「常陸牛(ひたちぎゅう)」は、サシの美しさときめ細かな肉質が特徴の茨城を代表するブランド牛です。他のブランド牛に比べて、比較的リーズナブルな価格でいただけるのも嬉しいところ。常陸牛のお肉の旨味を楽しむには、シンプルにステーキや焼肉、ハンバーグが人気!お肉好きの方には、必食のグルメです!

取扱店 常陸牛きくすい(水戸市)、筑波山 ひたち野(つくば市)、アメリカ屋(水戸市)ほか
HP 常陸牛きくすい筑波山 ひたち野アメリカ屋

 

4. 鹿島灘はまぐり料理

photo by 漫遊いばらき観光キャンペーン推進協議会

「鹿島灘はまぐり」とは、茨城県の大洗から千葉県の犬吠崎にかけて広がる鹿島灘で獲れる大ぶりのはまぐりのこと。はまぐりの旬は、3月~5月頃とされていますが、産卵期を迎える6月から7月は身がふくらみ、10cmを超える大きなはまぐりが獲れることもあるんだそう。茨城県内でも、はまぐりは、縁起の良いものとして、お祝いやハレの日に食されてきました。県内では、新鮮なはまぐりを使用した刺身や網焼き、はまぐりご飯、お吸い物など、様々なはまぐり料理が楽しめます。

photo by 農林水産省

取扱店 はまぐり屋(ひたちなか市)、浜茶屋 やましょう(鹿嶋市)ほか
1 2 3
次へ →

Comments are closed.




あわせて読みたい!


ページの上へ戻る